兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

物質科学科・物質理学研究科

表面界面物性学分野(講座)
高橋 正光

触媒、太陽電池、燃料電池、電子デバイスなどの製造にと って極薄膜の形成は不可欠であるため、その表面や界面の原子構造や化学結合状態の 研究は重要です。また、超高真空材 料や核融合炉材料などの開発には表面とガスとの相互作用の知見も必要です。本講座では SPring-8の放射光を用いて、化合物半導体の結晶成長、および、半導体や金属の酸化反応 などをリアルタイムでその場観察する方法を開発しました。硬X線を用いたX線回折法によってGaAs結晶成長中の表面原子構造の変化、また、軟X線と超音速分子線を用いた光電子 分光法によるSi酸化の反応ダイナミクスなどの研究が行なわれています。

研究室ホームページはこちら

研究一覧