兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

物質科学科・物質理学研究科

分子機能設計学分野(講座)
大野 充・三宅 弘人

分子機能設計学

何らかの機能を持った材料を開発するには、分子の構造と特性との関連を解明し、これにもとづいて最高の機能を発揮するよう分子構造を最適化します。高分子においては、さらに分子の集合状態、例えば結晶を作って規則的に並んでいるか、不規則に絡まっているかといった、高次構造(あるいは超分子構造)が重要となり、これをいかにして最適化するかという課題も生まれます。ポリエステルの生分解性、セルロースの光学異性体認識等を例に、実験や理論計算をまじえて分子機能の設計に取り組みます。

研究室ホームページはこちら