兵庫県立大学大学院理学研究科 物質科学専攻 物質構造制御学部門
理学部 物質科学科
構造物性学講座

Exploring New Frontiers of Functional Coordination Chemistry
from Molecules to Supramolecular Ensemble

学術論文RESEARCH PAPERS

2022年

  • Synthesis of an Organometallic Alkyl-Co(III) Complex with Amidoquinoline Directing Groups via C(sp3)-H Activation and its UV-vis/NMR Spectroscopic, Crystallographic, DFT, and Electrochemical Studies
    Keishiro Tahra, Shun Takezaki, Yoshiki Ozawa, and Masaaki Abe,
    Bulletin of the Chemical Society of Japan 2022, 95(3), 400-409.
    DOI: 10.1246/bcsj.20210425 (Open Access).

2021年

  • Solid-State Structures and Photoluminescence of Lamellar Architectures of Cu(I) and Ag(I) Paddlewheel Clusters with Hydrogen-Bonded Polar Guests
    Haruki Inoue, Yuga Yamashita, Yoshiki Ozawa, Toshikazu Ono, Masaaki Abe,
    Molecules 2021, 26 (21) 6731.
    DOI: 10.3390/molecules26216731 .
    (This article belongs to the Special Issue New Electro- and Photo-Functional Materials Based on Transition Metals)
  • Adduct Formation of Lithium and Decaniobate
    Kiyoto Akasegawa, Yoshiki Ozawa, Atsushi Yagasaki,
    Chemistry Letters 2021, 50 (7) 1400-1402.
    DOI: 10.1246/cl.210230.
  • A Cuboidal Cu4S4 Cluster Supported by Bulky Iminothiolate Ligands: Synthesis, Solid-State Structure, and Solution Study
    Yoshiki Ozawa, Hiroki Iida, Hidetoshi Kiyooka, Katutaka Nobori, Keishiro Tahra, Toshikazu Ono, and Masaaki Abe,
    Bulletin of the Chemical Society of Japan 2021, 94 (2) 616-622.
    DOI: 10.1246/bcsj.20200295.
  • Dinuclear Triple-stranded Helicates Comprising Al(III), Ga(III), or In(III) and a Hydrazine-linked Bisiminopyrrolyl Ligand: Synthesis, Structure, Optical Resolution, and Chiroptical Properties
    Kohei Ishihama, Toshikazu Ono, Toru Okawara, Takunori Harada, Kiyonao Furusho, Masashi Hasegawa, Yuki Nojima, Taro Koide, Masaaki Abe, and Yoshio Hisaeda,
    Bulletin of the Chemical Society of Japan 2021, 94 (2) 573-578.
    DOI: 10.1246/bcsj.20200327.
  • Dinuclear Triple-Stranded Helicates Composed of Tetradentate Ligands with Al(III) Chromophores: Optical Resolution and Multicolor Circularly Polarized Luminescence Properties
    Toshikazu Ono, Kohei Ishihama, Ai Taema, Takunori Harada, Kiyonao Furusho, Masashi Hasegawa, Yuki Nojima, Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda
    Angewandte Chemie, International Edition, 2021, 60 (5) 2614-2618.
    DOI: 10.1002/anie.202011450.

2020年

  • A pyrazine-bridged trimer of oxo-centered triruthenium-carbonyl clusters and the supramolecular assembly built from multiple non-covalent contacts
    Keita Daicho, Yoshiki Ozawa, Kunihisa Sugimoto, and Masaaki Abe
    Journal of the Chinese Chemical Society 2020, 67 (12), 2225-2232.
    DOI: 10.1002/jccs.202000491.
  • Immobilizing a π-Conjugated Catecholato Framework on Surfaces of SiO2 Insulator Films via a One-Atom Anchor of a Platinum Metal Center to Modulate Organic Transistor Performance
    Keishiro Tahara, Yuya Ashihara, Takashi Ikeda, Tomofumi Kadoya, Jun-ichi Fujisawa, Yoshiki Ozawa, Hiroyuki Tajima, Noriaki Toyoda, Yuichi Haruyama and Masaaki Abe,
    Inorganic Chemistry 2020, 59 (24), 17945–17957. 【表紙に採択】
    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c02163, Supplementary Journal Cover Art.
  • Tetra‑ and hexanuclear copper(I) iminothiolate complexes: synthesis, structures, and solid‑state thermochromic dual emission in visible and near-infrared regions
    Yoshiki Ozawa, Marino Mori, Hidetoshi Kiyooka, Yuumi Sugata, Toshikazu Ono, Masaaki Abe
    Chemical Papers, 2020, 74 (11), 3717-3725.
    DOI: 10.1007/s11696-020-01251-w, view-only full-text.
  • Ferrocene on Insulator: Silane Coupling to a SiO2 Surface and Influence on Electrical Transport at a Buried Interface with an Organic Semiconductor Layer
    Takashi Ikeda, Keishiro Tahara, Tomofumi Kadoya, Hiroyuki Tajima, Noriaki Toyoda, Satoshi Yasuno, Yoshiki Ozawa and Masaaki Abe
    Langmuir, 2020, 36 (21), 5809-5819.【表紙に採択】
    DOI: 10.1021/acs.langmuir.0c00515, Supplementary Cover Art.
  • Stimuli-responsive mixed-valence architectures: synthetic design and interplays between mobile and introduced charges
    Keishiro Tahara and Masaaki Abe
    Chemistry Letters, 2020, 49 (5),485-492. [Highlight Review] 【表紙に採択】
    DOI: 10.1246/cl.200069, Inside Cover.
  • Steric effect of halogen substitution in an unsymmetrical benzothienobenzothiophene organic semiconductor
    Tomofumi Kadoya, Shotaro Mano, Aoi Hori, Keishiro Tahara, Kunihisa Sugimoto, Kazuya Kubo, Masaaki Abe, Hiroyuki Tajima and Jun-ichi Yamada
    Organic Electronics, 2020, 78, 105570.
    DOI: 10.1016/j.orgel.2019.105570.
  • Non-linear phenomenon observed in photochromic crystals of a rhodium dithionite complex with n-propyl moieties
    Hidetaka Nakai, Seiya Miyata, Yuu Kajiwara, Yoshiki Ozawa and Masaaki Abe
    Dalton Transactions, 2020, 49 (6), 1721-1725. [Dalton Transactions HOT Articles]
    DOI: 10.1039/C9DT04760C.

2019年

  • Small Anion-Assisted Electrochemical Potential Splitting in a New Series of Bistriarylamine Derivatives: Organic Mixed Valency Across a Urea Bridge and Zwitterionization
    Keishiro Tahara, Tetsufumi Nakakita, Alyona A. Starikova, Takashi Ikeda, Masaaki Abe, and Jun-ichi Kikuchi
    Beilstein Journal of Organic Chemistry, 2019, 15 (9), 2277-2286.
    DOI: 10.3762/bjoc.15.220.
  • Crystal Structure of Hexakis(quinoline-2-thiolatosilver(I))
    Yoshiki OZAWA, Azusa MASUNAGA, Masahiro KUBO, Nobuhiro YASUDA, and Koshiro TORIUMI
    X-ray Crystal Structure Analysis Online, 2019, 35 (9), 51-53.
    DOI: 10.2116/xraystruct.35.51.
  • Zwitterionic Mixed Valence: Internalizing Counteranions into a Biferrocenium Framework toward Molecular Expression of Half Cells in Quantum Cellular Automata
    Keishiro Tahara, Nazuna Terashita, Ken Tokunaga, Shiomi Yabumoto, Jun-ichi Kikuchi, Yoshiki Ozawa, Masaaki Abe
    Chemistry -A European Journal, 2019, 25 (60), 13728–13738.【表紙に採択】
    DOI: 10.1002/chem.201902840, Cover Picture.
  • Charge-Separated Mixed Valency in an Unsymmetrical Acceptor–Donor–Donor Triad Based on Diarylboryl and Triarylamine Units
    Keishiro Tahara, Haruya Koyama, Mamoru Fujitsuka, Ken Tokunaga, Xu Lei, Tetsuro Majima, Jun-Ichi Kikuchi, Yoshiki Ozawa, and Masaaki Abe
    The Journal of Organic Chemistry, 2019, 84 (14), 8910-8920.【表紙に採択】
    DOI: 10.1021/acs.joc.9b00836, Supplementary Cover Art.
  • New π-extended catecholato complexes of Pt(II) and Pd(II) containing a benzothienobenzothiophene (BTBT) moiety: synthesis, electrochemical behavior and charge transfer properties
    Keishiro Tahara, Yuya Ashihara, Toshiki Higashino, Yoshiki Ozawa, Tomofumi Kadoya, Kunihisa Sugimoto, Akira Ueda, Hatsumi Mori and Masaaki Abe
    Dalton Transactions, 2019, 48, 7367-7377.
    DOI: 10.1039/C8DT05057K Themed Issue of Dalton Transactions entitled "New Talent: Asia-Pacific"

2018年

  • Synthesis and Characterization of a New Series of Binuclear Pd(II) Biscatecholato Complexes: Non-Innocent Ligand-Based Approach to a Wide Range of Variation in Near-Infrared Absorptions of Mixed-Valence Complexes
    Keishiro Tahara, Tomoya Kadowaki, Jun-ichi Kikuchi, Yoshiki Ozawa, Soichiro Yoshimoto, Masaaki Abe
    Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2018, 91 (11), 630-1639. (BCSJ Award Article)
    DOI: 10.1246/bcsj.20180187, Cover Picture.
  • A Dual-Emission Strategy for a Wide-Range Phosphorescent Color-Tuning of a Crystalline-State Molecular Cluster [Cu4I4(2-Bzpy)4] (2-Bzpy = 2-Benzylpyridine)
    Shiori Nagaoka, Yoshiki Ozawa, Koshiro Toriumi, Masaaki Abe
    Chemistry Letters, 2018, 47 (9), 1101-1104.
    DOI: 10.1246/cl.180435
  • Piezofluorochromism in Charge-Transfer Inclusion Crystals: The Influence of High Pressure versus Mechanical Grinding
    Toshikazu Ono, Yoshifumi Tsukiyama, Ai Taema, Hiroyasu Sato, Hidetoshi Kiyooka, Yuma Yamaguchi, Ayumi Nagahashi, Manami Nishiyama, Yuichi Akahama, Yoshiki Ozawa, Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda
    ChemPhotoChem, 2018, 2 (5), 416-420.【表紙に採択】
    DOI: 10.1002/cptc.201700227, Cover Profile DOI: 10.1002/cptc.201800091, Front Cover (26 Apr. 2018 Issue 5) DOI: 10.1002/cptc.201800092
  • First entry into nonmetal-centred porphycenes: synthesis of a phosphorus(V) complex of octaethylporphycene
    Masaaki Abe, Hiroto Mukotaka, Taro Fujioka, Toru Okawara, Kei Umegaki, Toshikazu Ono and Yoshio Hisaeda
    Dalton Trans., 2018, 47 (21), 2487–2491.【表紙に採択】
    DOI: 10.1039/C7DT04471B2, Front Cover(28 Feb. 2018, Issue 8) DOI: 10.1039/C8DT90031K

2017年

  • Impact of the corrin framework of vitamin B12 on the electrochemical carbon-skeleton rearrangement in comparison to an imine/oxime planar ligand; tuning selectivity in 1,2-migration of a functional group by controlling electrolysis potential
    Keishiro Tahara, Ling Pan, Ryoko Yamaguchi, Hisashi Shimakoshi, Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda
    Journal of Inorganic Biochemistry, 2017, 177, 438-443.
    DOI: 10.1016/j.jinorgbio.2017.09.021

2016年

  • Conformational Change in Molecular Assembly of Nickel(II) Tetra(n-propyl)porphycene Triggered by Potential Manipulation
    Soichiro Yoshimoto,Teppei Kawamoto,Toru Okawara,Yoshio Hisaeda,and Masaaki Abe
    Langmuir, 2016, 32, 13635-13639.
    DOI: 10.1021/acs.langmuir.6b03782
  • Covalently-Attached Porphycene–Ferrocene Dyads: Synthesis, Redox-Switched Emission, and Observation of the Charge-Separated State
    Masaaki Abe, Hiroaki Yamada, Toru Okawara, Mamoru Fujitsuka, Tetsuro Majima, and Yoshio Hisaeda
    Inorg. Chem.201655, 7–9.
    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.5b02078

2015年

  • An Electropolymerized Crystalline Film Incorporating Axially-Bound Metalloporphycenes: Remarkable Reversibility, Reproducibility, and Coloration Efficiency of Ruthenium(II/III)-Based Electrochromism
    Masaaki Abe, Hiroki Futagawa, Toshikazu Ono, Teppei Yamada, Nobuo Kimizuka, and Yoshio Hisaeda
    Inorg. Chem.201554, 11061–11063.
    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.5b02129
  • Preparation, Spectroscopy, and Electrochemistry of Cyano-Bridged Bis(oxo-centered-hexa(µ-acetato)-triruthenium) Complexes
    Hua-Xin Zhang, Yoichi Sasaki, Masaaki Abe, Yi Zhang, Shen Ye, and Masatoshi Osawa
    J. Organomet. Chem.2015797, 29–36.
    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2015.07.032
  • Proton Order Disorder Phenomena in a Hydrogen-Bonded Rhodium η5-Semiquinone Complex: A Possible Dielectric Response Mechanism
    Minoru Mitsumi, Kazunari Ezaki, Yuuki Komatsu, Koshiro Toriumi, Tatsuya Miyatou, Motohiro Mizuno, Nobuaki Azuma, Yuji Miyazaki, Motohiro Nakano, Yasutaka Kitagawa, Takayasu Hanashima, Ryoji Kiyanagi, Takashi Ohhara, and Kazuhiro Nakasuji
    Chem. Eur. J. 201521, 9682–9696.
    DOI: 10.1002/chem.201500796
  • Molecular Structures, Redox Properties, and Photosubstitution of Ruthenium(II) Carbonyl Complexes of Porphycene
    Toru Okawara, Masaaki Abe, Shiho Ashigara, and Yoshio Hisaeda
    J. Porphyrins Phthalocyanines, 2015, 19, 233–241.
    DOI: 10.1142/S1088424614501120
  • Synthesis and X-ray Crystallography of Bipyrroles: Impacts of a CO-π Interaction on Their Structure and Emission Properties
    Toru Okawara, Akane Doi, Toshikazu Ono, Masaaki Abe, Kenji Takehara, Yoshio Hisaeda, and Shigenori Matsushima
    Tetrahedron Lett., 2015, 58, 1407–1410.
    DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.01.159
  • Synthesis, Characterizations, and Intramolecular Quenching Behavior of an Axially-Linked Trinuclear Molecular Wire Containing Ruthenium(II) Porphycenes
    Masaaki Abe, Shiho Ashigara, Toru Okawara, and Yoshio Hisaeda
    Rapid Commun. Photosci., 2015, 4, 22–24.
    DOI: 10.5857/RCP.2015.4.1.22

書籍・総説・解説・記者発表 BOOKS, REVIEWS & PRESS RELEASE

2021年

  • 最新のトピックス「分子1層からなる超薄膜の劇的な働き」 田原圭志朗, 阿部正明
    月刊「化学」7月号, 2021, 76(7), pp. 68-69, 化学同人.

2020年

  • 兵庫県立大学ホームページ・記者発表
    「絶縁膜表面を簡便に被覆できる白金コーティング剤を開発 〜有機電界効果トランジスタの性能向上と応用展開に期待〜」2020年11月19日
  • 兵庫県立大学ホームページ・記者発表
    「世界初!アルミニウムを含む三重らせん型色素からの円偏光発光を実現 〜セキュリティ材料やバイオイメージング技術への応用に期待〜」2020年11月2日
  • 「遷移金属触媒によるC–H官能基化に関する最近の展開:シクロメタル化錯体の高原子価種の役割」 田原圭志朗
    Bulletin of Japan Society of Coordination Chemistry, 2020, 75, pp. 80-84.

2019年

  • 第4章「ポルフィセン金属錯体を色素とするエレクトロクロミック薄膜材料」 阿部正明, 二川裕紀, 久枝良雄
    エレクトロクロミックデバイスの開発最前線」 pp. 34-41, 2019, シーエムシー出版, ISBN:978-4-7813-1423-5.
  • 「高圧下の化学結合と結晶学」 小澤芳樹
    日本結晶学会誌, 2019, 61 (2), pp. 73-74.

2018年

  • 「混合原子価錯体の非イノセント性を活かした近赤外通信波長域の吸収特性制御」 田原圭志朗・阿部正明,
    化学工業, 2018, 69 (11), pp. 844–849.

2017年

  • 巻頭言「若き力」 阿部正明,
    日本化学会「化学と教育」, 2017, 65 (7), p.313.
  • 「P. Coppens の化学結晶学に対する貢献」 小澤芳樹,
    日本結晶学会誌, 2017, 59 (5), pp. 201–202.
  • 「二重発光性(Dual-emission)を示すキュバン型ヨウ化銅(I)四核錯体の開発ならびに結晶状態における発光寿命とエネルギー移動の解明」 阿部正明, 小澤芳樹
    兵庫県立大学理学部 低温センターだより, 2017, 9, pp. 3–8.

2016年

  • 新刊紹介「増補改訂 量子分光化学 -分光分析の基礎を学ぶ-」 小澤芳樹,
    日本結晶学会誌, 2016, 28 (5), p. 229.
  • 「アシンメトリック配位化学による巨大クラスター構造と機能の創出」 阿部正明,
    第二次先端ウォッチング調査:融合領域の創成「配位アシンメトリー:非対称分子設計と異方集積化に基づく新物質科学」報告書, 2016, pp. 17–20.

2015年

  • 「励起状態のX線構造解析」 小澤芳樹
    光アライアンス, 2015(7), pp, 23-27.

受賞AWARDS

2021年

  • 池田貴志 2021年度兵庫県立大学成績優秀者奨学金 (兵庫県立大学創立10周年・創基85周年記念事業)
  • 池田貴志 令和3年度ひょうご創生フェローシップ

2019年

  • 池田貴志 4th FZU-OPU Joint International Symposium ポスター賞
    「Construction of ferrocene self-assembled monolayers for nonvolatile organic field effect transistor memory devices」
    4th FZU-OPU Joint International Symposium on Photocatalysis, Photofunctional Materials and Nano-Science & Technology 2019年11月25~26日 福州大学(中国・福州市)
  • 飯田洋輝 日本結晶学会2019年会 ポスター賞
    「キュバン型ハロゲン化銅(I)四核錯体結晶の高圧下での二重発光クロミズム現象」
    日本結晶学会2019年会 2019年11月19〜20日 金沢文化ホール

2018年

  • Keshiro Tahara BCSJ Award Article
    「Synthesis and Characterization of a New Series of Binuclear Pd(II) Biscatecholato Complexes: Non-Innocent Ligand-Based Approach to a Wide Range of Variation in Near-Infrared Absorptions of Mixed-Valence Complexes」
    Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2018, 91(11) 1630-1639.
  • 阪上 琢也 ICCC2018 Best Poster Award
    「Luminescence mechano-, thermo-, and solvato-chromism with crystalline-amorphous-crystalline transformation of cubane-type iodido-silver(I) complex」
    43ed International Conference on Coordination Chemistry  2018年07月30〜08月4日 仙台国際センター, 仙台市
  • 山口 憂真 ICCC2018 Best Poster Award
    「Pressure-induced chromic and structural response of Ag(I)- Au(I) mixed-metal complexes」
    43ed International Conference on Coordination Chemistry  2018年07月30〜08月4日 仙台国際センター, 仙台市

2017年

  • 清岡英紀 日本結晶学会平成29年度年会 ポスター賞
    「発光性イミダゾールチオラト架橋銅(I)多核金属錯体の構造および発光の圧力依存性」
    日本結晶学会平成29年度年会 2017年11月23〜24日 JMSアステールプラザ, 広島市
  • 山口憂真 第29回配位化合物の光化学討論会 優秀学生講演賞
    「ピリジンチオラト架橋金(I)銀(I)多核金属錯体の構造と発光挙動の圧力応答性」
    第29回配位化合物の光化学討論会 2017年8月5〜7日 宮崎大学木花キャンパス, 宮崎市

2016年

  • 中家卓也 錯体化学若手の会夏の学校2016 ポスター賞
    「レドックス活性な多核金属錯体を用いた二次元シート錯体格子の作製 」
    錯体化学若手の会夏の学校2016 2016年8月5〜7日 火の国ハイツ, 熊本市

2015年

  • 西山愛美 日本結晶学会2015年会 ポスター賞
    「キュバン型ヨウ化銀(I)錯体の多形結晶の構造および発光の圧力依存性」
    日本結晶学会2015年会 2015年10月17〜18日 大阪府立大学

学会発表CONFERENCE & MEETINGS

2022年

  • ◆日本化学会第102春季年会 2022年3月22日(水)〜26日(土) 関西学院大学上ヶ原キャンパス オンライン
    • 「かさ高いルイス酸と複合化したベンゾチエノベンゾチオフェン誘導体の分子内電荷移動特性の評価」
      〇池田 貴志・田原 圭志朗・小野 利和・小澤 芳樹・阿部 正明(兵庫県立大、九大院工)(口頭)
    • 「ITO基板上へのルテニウム三核錯体エレクトロクロミック薄膜の構築と電子状態解析」
      〇下元 直樹・中家 卓也・田原 圭志朗・小澤 芳樹・谷 佳樹・高橋 龍之介・和達 大樹・阿部 正明(口頭)
    • 「イミノチオラト架橋Au(I)四核錯体結晶の固体発光とその多形依存外部刺激応答性」
      〇中内 健司・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(口頭)
    • 「ルテニウム三核錯体から成る水素結合型二次元ハニカムシートの結晶構造と多形生成」
      〇池田 祥貴・高村 一輝・田原 圭志朗・小澤 芳樹・山口 明・山根 悠・住山 昭彦・阿部 正明(口頭)
    • 「二重発光を示すキュバン型ハロゲン化銅(I)四核錯体結晶の発光ピエゾクロミズム」
      〇藤原 麻友香・飯田 洋輝・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(口頭)
    • 「イミドイルアミジナト白金(II)錯体の結晶構造と発光特性の圧力依存性」
      (長崎大、兵庫県立大、JASRI)○岸川 亮・福田 篤史・曻 一隆・宮下 花・井上 晴貴・中内 健司・堀内 新之介・小澤 芳樹・阿部 正明・杉本 邦久・作田 絵里・有川 康弘・馬越 啓介
    • 「[2.2]パラシクロファン部を有する有機ボロン錯体結晶の蛍光特性に対する顕著な圧力応答性発光」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○入井 駿・大垣 拓也・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (口頭)
    • 「Meso-microscopic single particle analyses of vapor-induced single-crystal to single-crystal phase transition in [Re(CO)3Br(ppt)]」
      (東大生研、兵庫県立大)○Xiao Ma, Kyoko Enomoto, Kazuyuki Ishii, Yuki Matsuda, and Masaaki Abe (ポスター)
  • ◆日本物理学会 第77回年次大会(2022年) 2022年3月15日(火)〜19日(土) オンライン(岡山大学/岡山理科大学)
    • 「水素結合型ハニカムネットワークを形成するルテニウム3核錯体の磁性」
      (兵庫県立大)○山口 明・池田 祥貴・山根 悠・住山 昭彦・阿部 正明 (口頭)
    • 「X線光電子分光による錯体の電子状態の観測」
      (兵庫県立大)○谷 佳樹・高橋 龍之介・下元 直樹・田原 圭志朗・阿部 正明・和達 大樹 (ポスター)
  • ◆電気化学会第89回大会 2022年3月15日(火)~17日(木)大阪府立大学/オンラインーハイブリッド
    • 「レドックス活性な金属錯体の自己組織化単分子膜の作製と有機トランジスタの電荷捕獲層への応用」
      〇田原 圭志朗・池田 貴志・小澤 芳樹・阿部 正明(特別講演)

2021年

  • ◆環太平洋化学国際会議(Pacifichem 2021) 2021年12月16日(木)〜21日(火),Virtual(Online).
    • "Electroactive metal-containing π-architectures: triangular modules, assembled clusters, and extended networks"
       ○Masaaki Abe(Invited)
    • "Anisotropic structural dynamics and piezochromism of silver and copper luminous clusters under high pressure"
       ○Masaaki Abe, Manami Nishiyama, Ayumi Nagahashi, Takuya Sakagami, Hiroki Iida, Shiori Nagaoka, Toshikazu Ono, Yoshiki Ozawa(Oral)
    • "Pressure-induced dual-emissive phenomenon of cubane-type copper(I) halide tetranuclear complex in crystalline states"
       ○Yoshiki Ozawa, Hiroki Iida, Shiori Nagaoka, Keishiro Tahara, Yuichi Akahama, Masaaki Abe(Poster)
    • "Non-volatile organic field effect transistor memory devices based on redox active self-assembled monolayers" 
      ○Takashi Ikeda, Keishiro Tahara, Tomofumi Kadoya, Yoshiki Ozawa, Masaaki Abe(Poster)
    • "Luminescence piezochromism of copper(I) iodide multinulecar complexes in crystalline states " 
      ○Hana Miyashita, Hiroki Iida, Yoshiki Ozawa, Keishiro Tahara, Masaaki Abe(Poster)
    • "Solid-state luminescence vapochromism of a rhenium complex for selective detection of chlorinated volatile organic compounds (VOCs): A non-covalent strategy" 
      ○Yuki Matsuda, Ryota Nakamura, Keishiro Tahara,Yoshiki Ozawa, Toshikazu Ono, Masaaki Abe(Poster)
  • ◆2021年度 物性研究所短期研究会「分子性固体研究の拡がり:新物質と新現象」2021年12月1(水)〜2日(木) 東京大学物性研究所6階大講義室/オンライン
    • 「金属錯体単分子膜と有機半導体の接合界面の作製と有機トランジスタへの応用」
      〇田原 圭志朗・池田 貴志・小澤 芳樹・阿部 正明 (ポスター)
  • ◆日本結晶学会2021年会 2021年11月19(金)〜21日(日) 北海道大学/オンラインーハイブリッド
    • 「溶媒蒸気で強発光性が誘起される銅(I)、銀(I)六核錯体結晶」
      〇井上 晴貴・小澤 芳樹・田原 圭志朗・小野 利和・阿部 正明 (兵庫県立大、九大)(ポスター/口頭)
    • 「リン光性レニウム(I)錯体結晶のゲスト誘起次元クロスオーバー現象:揮発性有機溶媒に感応した発光強度増大」
      〇松田 雄貴・小澤 芳樹・田原 圭志朗・小野 利和・杉本 邦久・小林 慎太郎・河口 彰吾・阿部 正明(兵庫県立大、九大、JASRI)(ポスター/口頭)
    • 「ヨウ素架橋銅(I)二核及び四核錯体の結晶相及びアモルファス相における発光ピエゾクロミズム」
      〇宮下 花・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(ポスター)
  • ◆第11回CSJ化学フェスタ2021 2021年10月19日(火)〜21日(木) オンライン
    • 「[2.2]パラシクロファン骨格を含む有機ボロン錯体結晶のピエゾクロミック発光」
      (阪府大院工・阪府大RIMED・兵県大院理)○入井 駿・大垣 拓也・小澤 芳樹・阿部 正明・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (ポスター)
  • ◆兵庫県立大学知の交流シンポジウム2021 (オンラインポスター展示)、2021年9月28日(火)〜12月31日(金)
    • 「レドックス活性な単分子膜を有する不揮発性有機トランジスタメモリの開発 ~分子一層でメモリ機能を付与~」
      〇池田貴志・田原圭志朗・小澤芳樹・阿部正明(フェローシップ対象学生研究/ポスター)
    • 「小分子溶媒雰囲気で強発光性が誘起される銀(I),銅(I)六核錯体 ~光る蒸気センシングマテリアル~」
      〇井上晴貴・田原圭志朗・小澤芳樹・阿部正明(ものづくり研究分野/ポスター)
  • ◆第31回基礎有機化学討論会 2021年09月21日(火)〜23日(木) オンライン
    • 「[2.2]パラシクロファン置換有機ボロン錯体結晶の顕著なピエゾフルオロクロミズム」
      (阪府大院工・阪府大 RIMED・兵庫県立大院理・リガク)○入井 駿・大垣 拓也・阿利 拓夢・山本 俊・宮下 花・曻 一隆・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (ポスター)
  • ◆錯体化学会第71回討論会, 2021年9月16(木)〜19日(日) オンライン
    • 「フェロセン部位を持つ自己組織化膜による絶縁体表面の修飾と有機トランジスタの電荷捕捉層への応用」
      〇池田 貴志・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(口頭)
    • 「塩化コバルト(II)を用いたC(sp3)-H結合の官能基化とCo(III)アルキル錯体の単離」
      〇竹崎 駿・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(口頭)
    • 「ヨウ化銅(I)多核錯体の結晶相およびアモルファス相における発光ピエゾクロミズム」
      〇宮下 花・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(口頭)
    • 「室温リン光性レニウム(I)錯体結晶のゲスト誘起次元クロスオーバー現象:有機溶媒蒸気に感応した発光強度増大」
      〇松田 雄貴・小澤 芳樹・田原 圭志朗・小野 利和・杉本 邦久・小林 慎太郎・河口 彰吾・阿部 正明(兵庫県立大、九大、JASRI)(ポスター)
    • 「配位子置換反応に誘起されるルテニウム三核錯体薄膜の合成とエレクトロクロミズム特性」
      〇下元 直樹・中家 卓也・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(ポスター)
    • 「二重発光性を示す金(I)四核錯体多形結晶における発光の温度、圧力応答性」
      〇中内 健司・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(ポスター)
    • 「イミドイルアミジナト白金 II 錯体の発光の圧力依存性」
      (長崎大、兵庫県立大、JASRI)○岸川 亮, 福田 篤史,宮下 花,井上 晴貴, 中内 健司, 堀内 新之介, 小澤 芳樹, 阿部 正明, 杉本 邦久, 作田 絵里, 有川 康弘, 馬越 啓介
  • ◆2021年光化学討論会 2021年09月14日(火)~16日(木) オンライン
    • 「[2.2]パラシクロファン部を有する有機ボロン錯体の結晶の蛍光特性に対する圧力応答性」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○入井 駿・大垣 拓也・阿利 拓夢・山本 俊・宮下 花・曻 一隆・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (ポスター)
  • ◆電気化学会九州支部トークシャワー・イン・九州2021 2021年9月13(月) (オンライン)
    • 「ルテニウム三核クラスターの薄膜作製と架橋配位子が電気化学挙動に及ぼす影響」
      (熊本大・兵庫県立大)○加藤仁之介、阪本大貴、湊本博紀、下元直樹、阿部正明、吉本惣一郎(ポスター)
  • ◆2021年電気化学秋季大会 2021年9月8(水)-9月9日(木) 北海道大学(オンライン)
    • 「ルテニウム三核クラスターの薄膜形成と電気化学挙動に及ぼす架橋骨格の影響」
      (熊本大・兵庫県立大)加藤仁之介、阪本大貴、湊本博紀、下元直樹、阿部正明、○吉本惣一郎(口頭)
  • ◆第32回配位化合物の光化学討論会 2021年8月9(月)-8月10日(火) 名古屋工業大学(オンライン)
    • 「 蒸気誘起発光特性を示す新規レニウム(I)錯体の開発と結晶相ゲスト包接挙動」
      〇松田 雄貴・小澤 芳樹・田原 圭志朗・小野 利和・杉本 邦久・小林 慎太郎・河口 彰吾・阿部 正明(兵庫県立大、九大、JASRI)(口頭)
    • 「金(I)四核錯体の結晶多形および固体発光サーモクロミズムおよびピエゾクロミズム」
      〇中内 健司・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(ポスター)
    • 「ヨウ化銅(I)多核錯体の結晶及びアモルファス状態における発光ピエゾクロミズム」
      〇宮下 花・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(ポスター)
    • 「シクロファン置換有機ボロン錯体の結晶構造と圧力応答性発光の相関」
      (阪府大院工,RIMED,兵県大院理,リガク)○入井 駿,大垣 拓也,阿利 拓夢,山本 俊,宮下 花,曻 一隆,飯田 洋輝,小澤 芳樹,阿部 正明,佐藤 寛泰,太田 英輔,松井 康哲,池田 浩(ポスター)
  • ◆錯体化学若手の会夏の学校2021, 2021年8月2(月)〜8月4日(水) オンライン
    • 「レドックス活性金属錯体を用いた自己組織化単分子膜の作製と有機トランジスタへの応用」
      〇池田 貴志(ポスター)
    • 「蒸気誘起発光特性を示す新規レニウム(I)錯体の開発と結晶相ゲスト包接挙動」
      〇松田 雄貴・小澤 芳樹 ・田原 圭志朗・小野 利和・杉本 邦久・小林 慎太郎・河口 彰吾・阿部 正明 (兵庫県立大、九州大、JASRI)(ポスター)
    • 「配位子置換反応に誘起されるルテニウム三核錯体薄膜の合成とエレクトロクロミズム特性」
      〇下元 直樹(ポスター)
  • ◆30th International Conference on Photochemistry (ICP 2021) 2021年7月19~23日 Vitual.
    • 「Solvato- and Piezo-fluorochromism of [2.2]Paracyclophanyl-substituted Organoboron Complexes」
      (Osaka Pref. Univ, Univ. of Hyogo, Rigaku Corp.)○Hirokshi IKEDA, Mirai TANAKA, Shun YAMADA, Shun IRII, Takuya OGAKI, Eisuke OHTA, Yasunori MATSUI, Yoshiki OZAWA, Masaaki ABE, Hiroyasu SATO (Oral).
  • ◆第58回化学関連支部合同九州大会 2021年07月03日(土) オンライン
    • 「イミドイルアミジナト白金(II)錯体の発光の圧力依存性」
      (長崎大、兵庫県立大、JASRI)○岸川 亮, 福田 篤史, 堀内 新之介, 小澤 芳樹, 阿部 正明, 杉本 邦久, 作田 絵里, 有川 康弘, 馬越 啓介
  • ◆11th International Conference on Porphyrins & Phthalocyanines (ICPP-11) 2021年6月28~7月3日 Vitual.
    • 「Metalloporphycenes for Electrochromic Thin-Film Devices」
      ◎Masaaki Abe (Oral) 招待講演.
  • ◆第42回光化学若手の会 2021年06月11日(金)~12日(土) オンライン
    • 「[2.2]パラシクロファン部を有する有機ボロン錯体の結晶の圧力応答性発光」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○入井 駿・大垣 拓也・阿利 拓夢・山本 俊・宮下 花・曻 一隆・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩
  • ◆日本化学会第101春季年会 2021年3月19日(金)〜22日(月) オンライン
    • 「ピリジル基を導入した非対称型ベンゾチエノベンゾチオフェン誘導体の合成をルイス酸との複合体の発光特性の評価」
      〇池田 貴志・田原 圭志朗・小野 利和・久枝 良雄・小澤 芳樹・阿部 正明(兵庫県立大、九大院工)(口頭)
    • 「溶媒蒸気で強発光性が誘起される銀(I),銅(I)六核錯体結晶」
      〇井上 晴貴・山下 悠雅・飯田 洋輝・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(口頭)
    • 「近赤外発光を示す多核金属錯体結晶の発光ピエゾクロミズム」
      〇曻 一隆・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(ポスター)
    • 「ピリジルチアゾール配位子を持つレニウム(I)錯体結晶のゲスト特異的発光ベイポクロミズム」
      〇松田 雄貴・中村 瞭汰・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(口頭)
    • 「銅(I)非対称二核錯体の温度、すり潰し、および静水圧を用いた固体フォトルミネッセンスの制御」
      〇宮下 花・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(口頭)
    • 「ピリジルチアゾール配位子をもつハロゲン架橋銅(I)二核錯体の合成、構造と固体発光サーモクロミズム」
      〇梶原 光稀・松田 雄貴・阿部 正明(口頭)
    • 「[2.2]パラシクロファン部を有する有機ボロン錯体の結晶の圧力応答性発光」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○入井 駿・大垣 拓也・阿利 拓夢・山本 俊・宮下 花・曻 一隆・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (口頭)
  • ◆第8回SPring-8次世代先端デバイス研究会/第56回SPring-8先端利用技術ワークショップ 2021年3月3日(水)オンライン
    • 「絶縁膜表面での金属錯体単分子膜の作製と有機トランジスタへの応用」
      ◎田原 圭志朗(依頼講演)
  • ◆第47回有機典型元素化学討論会 2021年1月8日(金)オンライン
    • 「シクロファン置換型有機ボロン錯体結晶の等方的圧力依存性フルオロクロミズム」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○大垣 拓也・阿利 拓夢・山本 俊・田中 未來・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (ポスター)

2020年

  • ◆第47回有機典型元素化学討論会 2020年12月3(金)〜5日(土) オンライン
    • 「ヨード基またはシクロファン部をもつ有機ボロン錯体の静水圧依存性フルオロクロミズム」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○太田 英輔・阿利 拓夢・山本 俊・田中 未來・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・大垣 拓也・松井 康哲・池田 浩 (口頭)
  • ◆日本結晶学会2020年会 2020年11月27(火)〜28日(水) オンライン
    • 「ヨウ化銅(I)多核錯体結晶の発光ピエゾクロミズム」
      〇宮下 花・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(学生フラッシュトーク)
    • 「ピリジルチアゾール配位子を持つレニウム(I)錯体結晶のゲスト特異的発光ベイポクロミズム」
      〇松田 雄貴・中村 瞭汰・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(学生フラッシュトーク)
  • ◆基礎有機化学若手オンラインシンポジウム 2020年11月20(金) オンライン
    • 「シクロファン部を有する有機ボロン錯体の刺激応答性フルオロクロミズム」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○大垣 拓也・阿利 拓夢・山本 俊・田中 未來・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (口頭)
  • ◆第39回固体・表面光化学討論会 2020年11月13(金)〜14(土) オンライン
    • 「等方的圧力依存性フルオロクロミズムを示すシクロファン置換型有機ボロン錯体結晶」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○大垣 拓也・阿利 拓夢・山本 俊・田中 未來・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (口頭)
  • ◆複合系の光機能研究会 オンラインライジングスター研究会 2020年11月7(土) オンライン
    • 「シクロファン部を有するボロン錯体の刺激応答性フルオロクロミズム挙動」
      (大阪府大、兵庫県立大、リガク)○大垣 拓也・阿利 拓夢・山本 俊・田中 未來・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・佐藤 寛泰・太田 英輔・松井 康哲・池田 浩 (口頭)
  • ◆錯体化学会第70回討論会, 2020年9月28(月)〜30日(水) オンライン
    • "Solid-State High-Pressure Chemistry of Coordination Clusters: Structural Dynamics and Piezochromic Luminescence P"
      Masaaki ABE(Oral, invited)
    • "Preparation of Self-Assembled Monolayers of π-Extended Catecholate Complexes of Pt(II) on SiO2 Insulator Films toward Organic Transistor Application"
      Keishiro TAHARA, Yuya ASHIHARA, Takashi IKEDA, Yoshiki OZAWA, Masaaki ABE(Oral)
    • 「ピリジルチアゾール配位子を持つレニウム(I)錯体結晶のゲスト特異的発光ベイポクロミズム」
      〇松田 雄貴・中村 瞭汰・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(口頭)
    • 「フェロセン部位を有する自己組織化単分子膜を浮遊ゲートとして用いた不揮発性有機トラ ンジスタメモリの開発」
      〇池田 貴志・田原 圭志朗・角屋 智史・小澤 芳樹・阿部 正明(ポスター)
    • 「分子間相互作用の制御に基づく金属多核錯体の発光ベイポクロミック応答性」
      〇井上 晴貴・山下 悠雅・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(ポスター)
    • 「酢酸コバルト(II)を用いたC(sp3)-H結合のアセトキシ化とシクロメタル化Co(III)錯体の単離」
      〇竹崎 駿・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(ポスター)
    • 「ヨウ化銅(I)多核錯体結晶の発光ピエゾクロミズム」
      〇宮下 花・飯田 洋輝・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(口頭)
    • 「混合原子価オキソ架橋ルテニウム三核錯体の電子状態の評価」
      〇森野 喬・小澤 芳樹・田原 圭志朗・堀田 育志・和達 大樹・杉本 邦久・阿部 正明(ポスター)
    • 「フェニル基をペンダントして含むシクロメタル化 Pt(II)錯体の合成と光物理的性質」
      〇山田 紗智・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(ポスター)
  • ◆兵庫県立大学知の交流シンポジウム2020 (オンライン)、2020年10-12月
    • 「レドックス活性な単分子膜を有する不揮発性有機メモリの開発 ~分子一層で機能するフローティングゲート~」
      〇池田貴志・田原圭志朗・小澤芳樹・阿部正明(ポスター)
    • 「ベイポクロミック・クリスタル ~揮発性有機化合物(VOCs)に応答する発光分子マテリアルの開発~」
      〇松田雄貴・中村瞭汰・田原圭志朗・小澤芳樹・阿部正明(ポスター)
  • ◆2020年web光化学討論会 (オンライン)、2020年9月9日(水)〜11日(金)
    • 「シクロファンを有する有機ボロン錯体の静水圧変化によるフルオロクロミズム」
      (大阪府大、兵庫県立大)○太田 英輔・阿利 拓夢・山本 俊・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・大垣 拓也・松井 康哲・池田 浩 (ポスター)
  • ◆日本化学会第100春季年会 2020年3月22日(日)〜25日(水) 東京理科大学 野田キャンパス (野田市))中止
    • 「新規レドックス活性シランカップリング剤の開発と有機トランジスタのゲート絶縁膜修飾」
      〇田原 圭志朗・池田 貴志・角屋 智史・小澤 芳樹・阿部 正明(ATPポスター)
    • 「レッドクス活性自己組織化膜による絶縁体表面の修飾と有機電界効果トランジスタへの応用」
      〇池田 貴志・田原 圭志朗・角屋 智文・芦原 裕也・小澤 芳樹・阿部 正明(口頭)
    • 「オキソ架橋ルテニウム三核錯体における結晶相混合原子価状態の評価」
      〇森野 喬・小澤 芳樹・田原 圭志朗・安部 弘隆・和達 大樹・杉本 邦久・阿部 正明(ポスター)
    • 「ピラジン誘導体を有する新規ルテニウム三核錯体の合成とその電子状態」
      〇森本 悠斗・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(ポスター)
    • 「ヨウ化銅(I)多核錯体結晶の発光ピエゾクロミズム」
      〇宮下 花・飯田 洋輝・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(口頭)
    • 「長鎖アルキル導入ピリジンチオラト架橋銅(I)および銀(I)多核錯体の構造と発光挙動」
      〇吉岡 晴香・山中 亘・小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(ポスター)
    • 「ピリジルチアゾール配位子を持つレニウム(I)錯体結晶のゲスト特異的発光ベイポクロミズム」
      〇松田 雄貴・中村 瞭汰・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(口頭)
    • 「ヨウ素原子を有するジベンゾイルメタナートボロン錯体結晶の発光に対する圧力応答」
      (大阪府大、兵庫県立大)〇阿利 拓夢・山本 俊・坂井 敦史・飯田 洋輝・松井 康哲・太田 英輔・小澤 芳樹・阿部 正明・池田 浩 (口頭)

2019年

  • ◆ 4th FZU-OPU Joint International Symposium on Photocatalysis, Photofunctional Materials and Nano-Science & Technology 2019年11月25~26日 福州大学(中国・福州市)
    • 「Generation of Photo-Induced Mixed-Valence Subspecies with Charge-Separated Characters」
      ○Keishiro Tahara, Yoshiki Ozawa, Masaaki Abe (Oral).
    • 「Construction of ferrocene self-assembled monolayers for nonvolatile organic field effect transistor memory devices」
      ○Takashi Ikeda, Keishiro Tahara, Tomofumi Kadoya, Yoshiki Ozawa, Masaaki Abe (Poster). *ポスター賞受賞
  • ◆日本結晶学会2019年会 2019年11月19(火)〜20日(水) 金沢市文化ホール(金沢市)
    • 「キュバン型ハロゲン化銅(I)四核錯体結晶の高圧下での 二重発光クロミズム現象」
      ○飯田洋輝・長岡栞・小澤芳樹・田原圭志朗・赤浜裕一・阿部正明(ポスター) *ポスター賞受賞
    • 「イソニコチンアミドの多様な水素結合様式を介したナノフレームワークの構築」
      〇高村一輝・田原圭志朗・小澤芳樹・阿部正明(ポスター)
  • ◆錯体化学若手の会近畿支部勉強会 2019年11月16(土) 大阪大学豊中キャンパス(大阪市)
    • 「金属錯体・クラスター分子の構造集積化と物性開拓ー「レドックス」「発光」「超高圧」をキーワードとするアプローチ」
      〇阿部正明(依頼講演)
    • 「混合原子価ルテニウム三核錯体の結晶構造と原子価秩序」
      ○森野 喬・田原圭志朗・小澤芳樹・阿部正明(ポスター)
  • ◆第13回有機π電子系シンポジウム 2019年11月15(金)-11月16日(土) 宮崎フェニックスシーガイア,宮崎市
    • 「シクロファンを有する有機ボロン錯体のけい光の圧力応答性 (Pressure Response of Fluorescense of the Organoboron Complex Having a Cyclophane)」
      (大阪府大、兵庫県立大) ◯阿利拓夢・山本俊・飯田洋輝・小澤芳樹・阿部正明・松井康哲・太田英輔・池田浩 (ポスター) *ポスター賞 (Chemistry Letters Young Award) 受賞
  • ◆九州錯体化学懇談会50周年記念シンポジウム 2019年11月2(土) 九州大学西新プラザ(福岡市)
    • 「超高圧錯体化学:「無」と「対称性」が創る超分子ダイナミクス」
      ◎阿部正明(依頼講演)
  • ◆兵庫県立大学知の交流シンポジウム2019 2019年9月27(金) 神戸商工会議所会館(神戸市)
    • 「レドックス活性な自己組織化単分子膜を利用した有機トランジスタメモリの開発」
      〇田原圭志朗、池田貴志、芦原優也、小澤芳樹、阿部正明(ポスター)
  • ◆第30回基礎有機化学討論会 2019年9月25(水)-9月27日(金) 大阪国際交流センター,大阪市
    • 「シクロファンを有する有機ボロン錯体のけい光の圧力応答性」
      (大阪府大、兵庫県立大) ◯阿利拓夢・山本俊・飯田洋輝・小澤芳樹・阿部正明・松井康哲・太田英輔・池田浩 (ポスター)
  • ◆錯体化学会第69回討論会 2019年9月21(土)〜23日(月) 名古屋大学東山キャンパス(名古屋市)
    • 「イソニコチンアミドの多様な水素結合形態を介した多核ナノフレームワークの構築」
      〇高村 一輝, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(口頭)
    • 「有機半導体骨格を組み込んだカテコラトパラジウム及び白金錯体の合成と電荷移動特性」
      〇芦原 優也, 田原 圭志朗, 角屋 智史, 池田 貴志, 小澤 芳樹, 阿部 正明(口頭)
    • 「キュバン型ハロゲン化銅(I)四核錯体の二重発光ピエゾクロミズム」
      〇飯田 洋輝, 長岡栞, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(口頭)
    • 「柔らかな骨格構造を持つ白金(II)二核錯体の分子集積化と圧力印加発光特性」 (兵庫県立大院物質理・NIMS)
      ○吉田 幸太, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 森 泰蔵, 有賀 克彦, 阿部 正明 (ポスター)
    • 「ジクロロ酢酸架橋ルテニウム三核錯体の結晶構造と原子価秩序」
      〇森野 喬, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(ポスター)
    • 「アミノキノリン配向基を利用した陽極酸化による触媒的C-H官能基化とコバルト及びパラジウム錯体中間体の電気化学反応特性 」
      〇山田 紗智, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(ポスター)
    • 「フェロセン部位を有する自己組織化単分子膜の作製と有機トランジスタの電荷捕獲層としての応用」
      〇池田 貴志, 田原 圭志朗, 角屋 智史, 芦原 優也, 小澤 芳樹, 阿部 正明(ポスター)
  • ◆2019年光化学討論会 2019年9月10(火)-9月12日(木)名古屋大学,名古屋市
    • 「Pressure Response of Fluorescence of the Organoboron Complex Having a Cyclophane」
      (大阪府大、兵庫県立大) ○ARI , Takumu・YAMAMOTO, Shun・IIDA, Hiroki・OZAWA, Yoshiki・ABE, Masaaki・MATSUI, Yasunori・OHTA, Eisuke・IKEDA, Hiroshi (ポスター)
  • ◆第22回ヨウ素学会シンポジウム 2019年8月30(金)千葉大学西千葉キャンパスけやき会館,千葉市
    • 「ヨウ素原子を有するジベンゾイルメタナート–BF2錯体結晶の発光特性」
      (大阪府大、兵庫県立大) ○阿利 拓夢・山本 俊・酒井 敦史・飯田 洋輝・小澤 芳樹・阿部 正明・松井 康哲・太田 英輔・池田 浩 (ポスター)
  • ◆ International Congress on Pure & Applied Chemistry International Symposium on Advanced Polymeric Materials (ICPAC/ISAPM 2019) , Aug. 6 (Tue)–9 (Fri), Rose Garden Hotel (Yangon, Myanmar)
    • "Solid-State High-Pressure Chemistry of Coordination Clusters: Structural Dynamics and Piezochromic Luminescence"
      ○Masaaki Abe (Invited Talk).
  • ◆第31回配位化合物の光化学討論会 2019年8月3(土)-8月5日(月)金太郎温泉,魚津市
    • 「キュバン型ハロゲン化銅(I)四核錯体の二重発光サーモ・ピエゾクロミズム」
      ○飯田 洋輝・長岡 栞・小澤 芳樹・田原 圭志朗・赤浜 裕一・阿部 正明(口頭)
    • 「柔らかな骨格を持つ白金(II)二核錯体の二重発光特性」
      吉田 幸太・○小澤 芳樹・田原 圭志朗・阿部 正明(ポスター)
  • ◆錯体化学若手の会夏の学校2019, 2019年7月31(水)〜8月2日(金) 栄屋ホテル(天童市)
    • 「イソニコチンアミドの多様な水素結合を介した多核ナノフレームワーク の構築と物性」
      ○高村 一輝(ポスター)
    • 「ジクロロ酢酸架橋ルテニウム三核錯体の結晶構造と原子価秩序」
      ○森野 喬(ポスター)
  • ◆XXVII International Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry  Jun. 3 (Mon)–7 (Fri), Smolenice Castle (Smolenice, SLOVAKIA)
    • "High-pressure molecular science of coordination clusters: polymorph-dependent structural dynamics and piezochromic luminescence"
      ○Masaaki Abe (Invited Talk).
  • ◆錯体化学若手の会・近畿支部第60回勉強会 2019年6月1(土)京都繊維工芸大学
    • 「ルテニウム三核錯体をユニットとする積層型ハニカムシートの合成と構造」
      ○高村一輝(ポスター)
    • 「シランカップリングを使用したレドックス活性分子の自己組織化単分子膜の作製と修飾基板の特性評価」
      ○池田貴志(ポスター)
  • ◆International Conference on Photocatalysis and Photoenergy 2019 (ICoPP 2019) May, 22 (Wed)–25 (Sat), Songdo ConvensiA (Incheon, KOREA)
    • "Polymorph-Dependent Structural Dynamics and Phosphorescence under High Pressure Studied with Diamond Anvil Cell"
      ○Abe, Masaaki(Invited Talk)
  • ◆第17回 ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム 2019年5月17日(土)〜18日(日) 金沢歌劇座 (金沢市)
    • 「ダイヤモンドアンビルセルを用いた高圧分子化学:金属多核構造の歪み・捻れと固体発光ピエゾクロミズム」
      ○阿部 正明・赤浜 裕一・小澤 芳樹(口頭)
    • 「ルテニウム三核錯体をユニットとする積層型ハニカムシートの合成と構造」
      ○高村 一輝・小澤 芳樹・阿部 正明(ポスター)
    • 「歪んだπ共役化合物の設計、結晶構造及び発光特性の探索」
      (芝浦工大・兵庫県立大) 羽深 佑亮・山口 憂真・阪上 琢也・飯田 洋輝‍・小澤 芳樹・阿部 正明・堀 顕子(ポスター)
  • ◆2019年電気化学会第86回大会 2019年3月27日(水)〜29日(金) 京都大学吉田キャンパス (京都市)
    • 「ルテニウム三核クラスターをベースとしたナノ構造形成とその電気化学挙動」
      (熊本大・兵庫県立大) 福田 龍之介・杉本 庄・大長 継大・高村 一輝・阿部 正明・吉本 惣一郎(口頭)
  • ◆日本化学会第99春季年会 2019年3月16日(土)〜19日(火) 甲南大学岡本キャンパス (神戸市)
    • 「長鎖アルキル基を導入したハーフランタン型白金(II)二核錯体の気水界面での単分子膜形成と発光挙動」
      ○吉田 幸太・小澤 芳樹・田原 圭志朗・森 泰蔵・有賀 克彦・阿部 正明(兵庫県立大・NIMS)(口頭)
    • 「シランカップリングを使用したレドックス活性分子の自己組織化単分子膜の作製と修飾基板の特性評価」
      ○池田 貴志・田原 圭志朗・小澤 芳樹・阿部 正明(ポスター)
    • 「混合原子価ルテニウム三核錯体の結晶相原子価秩序に及ぼす架橋および末端配位子の効果」
      ○森野 喬・高村 一輝・中川 貴博・中家 卓也・田原 圭志朗・小澤 芳樹・杉本 邦久・阿部 正明(兵庫県立大・JASRI)(ポスター)

2018年

  • ◆東北大学金属材料研究所 共同利用ワークショップ 「放射光物質構造科学の新展開:高圧物質科学と地球惑星科学」2018年12月13(木)〜14日(金), 東北大学 金属材料研究所2号館講堂 (仙台市).
    • 「多核金属錯体の結晶構造とフォトルミネッセンスの圧力依存性」
      小澤芳樹 (依頼講演)
  • ◆日本結晶学会2018年会 2018年11月10(土)〜11日(日) 東京工業大学・大岡山キャンパス
    • 「ギガパスカル圧力下での金属錯体のフォトルミネッセンスピエゾクロミズム」
      小澤 芳樹(依頼講演)
    • 「N-アルキルベンズイミダゾールチオラト銅(I)四核錯体の合成・構造 および発光挙動」
      ○森 まりの, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 阿部 正明(ポスター)
    • 「七員環イミノチオラト配位子を有する新奇銅(I)四核錯体の合成と 構造、発光特性」
      ○飯田 洋輝,小澤 芳樹,田原 圭志朗,阿部 正明(ポスター)
    • 「キュバン型銀(I)四核錯体における結晶構造の圧力依存性と 結晶溶媒の影響」
      ○阪上 琢也, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 赤浜 裕一, 阿部 正明(ポスター)
    • 「ハロゲン-ピリジンチオラト架橋金(I)銀(I)多核混合金属錯体 の高圧下での構造変形と発光挙動」
      ○山口 憂真, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 赤浜 裕一, 阿部 正明(ポスター)
  • ◆兵庫県立大学産学連携・研究推進機構 第27回STクラブ 2018年9月28(金) じばさんびる,姫路
    • 「近赤外エレクトロクロミック金属錯体の開発と分子内の電荷分布の制御」 ○田原圭志朗(依頼講演)
  • ◆錯体化学若手の会夏の学校2018 2018年9月20(木)〜22日(土) 琵琶湖畔アヤハレークサイドホテル(大津市)
    • 「ベンズイミダゾールチオラト銅(I)・銀(I)多核錯体 の合成・構造および発光挙動」
      ○森 まりの(ポスター)
    • 「超高圧下における Au-Ag および Au-Cu 混合金属多核錯体の構造変形と発光挙動」
      ○山口 憂真(ポスター)
    • 「5-キノリノールをドープしたガドリニウム(III)錯体の発光の 外部刺激応答性」
      ○飯田 洋輝(ポスター)
    • 「ルテニウム三核錯体を単位とする大環状クラスターに関する研究」
      ○高村 一輝(ポスター)
    • 「長鎖アルキル基を導入した発光性白金(II)二核錯体の構造と発光挙動」
      ○吉田 幸太(ポスター)
    • 「トリス(ピラジン)ジクロロ酢酸架橋 Ru 三核錯体の合成と物性」
      ○森野 喬(ポスター)
    • 「Co(Ⅲ)シクロメタル化錯体の合成と電気化学特性の評価」
      ○山田 紗智(ポスター)
  • ◆Internatinal Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018) July, 31 (Tue)–August 4 (Sat), Sendai International Center (Sendai, JAPAN)
    • "A half-lantern diplatinum(II) complex showing thermochromic dual"
      ○Abe, Masaaki(Invited Talk)
    • "Pressure-induced luminescence piezochromism and structure deformation of cuban-type complex with solvent squeezing in crystalline state"
      ○Y. Ozawa, T. Sakagami, M. Nishiyama, A. Nagahashi, K. Tahara, Y. Akahama, M. Abe(Oral)
    • "Fabrication of external charge-responsive biferrocenium toward half-cells for quantum cellular automata"
      ○Keishiro Tahara, Nazuna Terashita, Shiomi Yabumoto, Jun-ichi Kikuchi, Yoshiki Ozawa, Masaaki Abea, and Ken Tokunaga(Univ. Hyogo, NAIST, Kogakuin Univ.)(Oral)
    • "Synthesis, structures, and luminescent properties of new coordination complexes containing 5-N-arylaminothiazole derivatives"
      ○R. Nakamura, S. Nagaokaa Y. Ozawa, K. Tahara, K. Yamaguchi, T. Murai, M. Abe (Univ. Hyogo・Univ. Gifu)(Poster)
    • "Self-assembled supramolecular ruthenium clusters at a water air interface"
      ○T. Nakagawa, Y. Ozawa, K. Tahara, T. Mori, K. Ariga, M. Abe,(Univ. Hyogo・NIMS)(Poster)
    • "Pressure-induced chromic and structural response of Ag(I)- Au(I) mixed-metal complexes"
      ○Y. Yamaguchi, Y. Ozawa, K. Tahara, Y. Akahama, M. Abe(Poster: Best Poster Award)
    • "Self-assembled supramolecular ruthenium clusters at a water air interface"
      ○T. Nakagawa, Y. Ozawa, K. Tahara, T. Mori, K. Ariga, M. Abe,(Univ. Hyogo・NIMS)(Poster)
    • "Luminescence mechano-, thermo-, and solvato-chromism with crystalline-amorphous-crystalline transformation of cubane-type iodido-silver(I) complex"
      T. Sakagami, Y. Ozawa, K. Tahara, M. Abe(Poster: Best Poster Award)
    • "Halogen substitution effects on molecular arrangement and transistor properties of asymmetrical benzothienobenzothiophene derivatives"
      ○T. Kadoya,a, S. Mano, K. Tahara, K. Sugimoto, K. Kubo, M. Abe, H. Tajima, J. Yamada(Oral)
  • ◆錯体化学会第68回討論会 2018年7月29(土)〜30日(月) 仙台国際センター(仙台市)
    • 「ルテニウム三核錯体を単位とする偶数環クラスターの優先合成法の開発」
      ○高村 一輝,大長 継大, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(口頭)
    • 「長鎖アルキル基を導入した発光性白金(II)二核錯体の構造と発光挙動」
      ○吉田 幸太,山下 悠雅,小澤 芳樹,田原 圭志朗,阿部 正明(口頭)
    • 「ルテニウム三核錯体超分子構造の気水界面における自己集積挙動」
      ○中川 貴博, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 森 泰蔵, 有賀 克彦, 阿部 正明(兵庫県立大学・NIMS)(ポスター)
    • 「5-N-ジアリールアミノチアゾール誘導体を配位子とした新規金属錯体の合成と構造、発光挙動」
      ○中村 瞭汰, 長岡 栞, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 山口 きらら, 村井 利昭, 阿部 正明(兵庫県立大学・岐阜大工)(ポスター)
    • 「新規π拡張白金カテコラト錯体の合成と電気化学特性の評価」
      ○芦原 優也, 田原 圭志朗, 東野 寿樹, 角屋 智史, 上田 顕, 森 初果, 小澤 芳樹, 阿部 正明(兵庫県立大学・東大物性研)(ポスター)
    • 「ピリジンチオラト架橋金(I)銀(I)混合金属錯体の構造と発光挙動の圧力応答性」
      ○山口 憂真, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 赤浜 裕一, 阿部 正明(ポスター)
  • ◆第30回配位化合物の光化学討論会 2018年7月14(土)〜16日(月) 定山渓ビューホテル,札幌市
    • 「超高圧下におけるAu-AgおよびAu-Cu混合金属多核錯体の構造変形と発光挙動」
      ○山口 憂真,赤浜 裕一,田原 圭志郎,小澤 芳樹,阿部 正明(ポスター)
    • 「発光性イミダゾールチオラト架橋銅(I)四核錯体の発光および結晶構造の圧力依存性」
      清岡 英紀,○小澤 芳樹,田原 圭志郎,小澤 芳樹,阿部 正明(ポスター)
  • ◆第58回錯体化学若手の会・近畿支部勉強会 2018年6月23(土)関西学院大学三田キャンパス
    • 「ベンズイミダゾールチオラト銅(I)・銀(I)多核錯体の合成・構造および発光挙動」
      ○森 まりの(ポスター)
    • 「ピリジンチオラト架橋金(I)銀(I)多核金属錯体の構造と発光挙動の圧力応答性」
      ○山口 憂真(ポスター)
  • ◆日本化学会第98春季年会 2018年3月20日(木)〜23日(日) 日本大学理工学部船橋キャンパス (船橋市)
    • "Synthesis of Pd(II) complexes of extended catecholate ligands and wide-range tuning of near-IR absorptivity"
      ○TAHARA Keishiro, KADOWAKI Tomoya, KIKUCHI Jun-ichi, ASHIHARA Yuya, OZAWA Yoshiki, ABE Masaaki(口頭)
    • 「ルテニウム三核錯体の気液界面における自己集積挙動」
      ○中川 貴博, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 森 泰蔵, 有賀 克彦, 阿部 正明(口頭)
    • 「メソ位修飾リン(V)ポルフィリン錯体の合成と構造、発光および酸化還元挙動」
      ○梅垣 慧, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(口頭)
    • N-アルキルベンズイミダゾールチオラト銅(I)六核錯体の合成、構造および発光挙動」
      ○森 まりの, 小澤 芳樹, 清岡 英紀, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 阿部 正明(口頭)
    • 「ビスカテコラト配位子を有する白金錯体の合成、物性評価および原子価間電荷移動の性質」
      ○芦原 優也, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(口頭)
    • 「ルテニウム三核錯体をユニットとする偶数環クラスターの優先的合成」
      ○高村 一輝, 大長 継大, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(口頭)
    • 「ビフェロセニウム錯体を用いた分子デバイスの動作と静電ポテンシャルモデルによる動作予測に関する理論的研究」
      (工学院大・兵庫県立大)○徳永 健・大舘 史弥・田原 圭志朗・佐藤 光史(口頭)
    • n-プロピル基を有するロジウムジチオナイト錯体の結晶相光異性化反応 」
      (近畿大・兵庫県立大)○宮田 靖也・中井 英隆・小澤 芳樹・阿部 正明(口頭)
  • ◆電気化学会第85回大会、2018年3月9日(金)〜11日(日)、東京理科大学 葛飾キャンパス (東京都)
    • 「ルテニウム三核クラスター単分子膜の電気化学挙動に及ぼす配位子の影響」
      (熊本大学・兵庫県立大学)木下 翔、福田 龍之介、大長 継大、高村 一輝、阿部 正明、〇吉本 惣一郎
  • ◆分子研研究会「刺激と応答-金属錯体は何を結ぶか」 2018年3月4日(日)-5日(月) 岡崎コンファレンスセンター(岡崎市)
    • 「ギガパスカル圧力下での金属錯体のフォトルミネッセンスピエゾクロミズム」
      小澤 芳樹(依頼講演)
  • ◆兵庫県立大学フロンティア機能物質創製センター第4回シンポジウム 2018年1月20日(土) 兵庫県立大学理学部
    • 「多核金属錯体のフォトルミネッセンス外部刺激応答」
      小澤 芳樹(依頼講演)
  • ◆兵庫県立大学多重極限物質科学センター 研究発表会第2部 フォトンサイエンスを基盤とした新奇物質科学の創生 2018年1月16日(土) 姫路市民会館
    • 「異相界面における配位クラスターの集積・階層化と機能」
      阿部 正明(依頼講演)

2017年

  • ◆第8回分子アーキテクトニクス研究会 2017年12月4日(月)〜5日(火) 愛媛大学城北キャンパス南加記念ホール(松山市)
    • 「混合原子価状態を有するビフェロセニウム錯体を用いた量子ドットセルオートマトンの動作に関する理論的研究」
      (工学院大・兵庫県立大)○大舘 史弥,徳永 健,田原 圭志朗,佐藤 光史(ポスター)
  • ◆日本結晶学会平成29年度年会 2017年11月23日(木)〜24日(金) JMSアステールプラザ(広島市)
    • 「発光性イミダゾールチオラト架橋銅(I)多核金属錯体の構造および発光の圧力依存性」
      ○清岡 英紀, 小澤 芳樹, 赤浜 裕一, 田原 圭志朗, 阿部 正明,(口頭/ポスター) *ポスター賞受賞
    • 「キュバン型ヨウ化銀(I)錯体多形結晶における結晶溶媒の脱着と構造相転移」
      ○阪上 琢也, 永橋 歩美, 西山 愛美, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 阿部 正明(口頭/ポスター)
    • 「発光性金(I)銀(I)混合金属 6 核錯体の構造と発光挙動の圧力応答性」
      ○山口 憂真, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 赤浜 裕一, 阿部 正明(口頭/ポスター)
  • ◆第50回酸化反応討論会 2017年11月11日(土)〜 12日(日)神奈川大学 横浜キャンパス(横浜市)
    • 「新規なポルフィセン15族元素錯体の合成とその電気化学的特性について」
      (九州大学, 兵庫県立大学)○藤岡 太郎, 向高 寛人, 阿部 正明, 小出 太郎, 小野 利和, 嶌越 恒, 久枝 良雄(口頭)
  • ◆The 16th International Symposium on Advanced Technology (ISAT-16), November 1–2, 2017, Kogakuin University, Hachioji, Japan.
    • "Molecular Quantum-Dot Cellular Automata made of Biferrocenium Complexes: Prediction of Device Operation using Electrostatic Potential"
      (Kogakuin Univ., Univ. Hyogo) Ken Tokunaga, Fumiya Odate, Keishiro Tahara and Mitsunobu Sato (Poster)
  • ◆13th Korea-Japan Frontier Photoscience Symposium (KJFP-2017), October 27–29, 2017, Inha University, Inchon, Korea
    • "A Half-Lantern Diplatinum(II) Complex Showing Crystalline-State Thermochromic Dual Phosphorescence"
      Masaaki Abe, Hidenori Matsuoka, and Yoshiki Ozawa (invited talk)
  • ◆錯体化学会第67回討論会 2017年9月16日(土)〜18日(月) 北海道大学(札幌市)
    • 「Synthesis, electrochemical behavior, and intramolecular charge transfer properties of Pd(II) complexes of extended catecholate ligands」
      ○Keishiro Tahara, Tomoya Kadowaki, Jun-ichi Kikuchi, Yoshiki Ozawa, Masaaki Abe(口頭)
    • 「アリール置換基を有する新規メソ位修飾リン(V)ポルフィリン錯体の合成と構造および発光特性」
      ○梅垣 慧, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 杉本 邦久, 阿部 正明(口頭)
    • 「二重発光を示すイミノチオラト銅(I)多核錯体結晶の構造と電子状態」
      ○清岡 英紀, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 阿部 正明(口頭)
    • 「メチルベンズイミダゾールチオラト銅(I)および銀(I)多核錯体の合成と構造、発光挙動」
      ○森 まりの, 清岡 英紀, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 阿部 正明(口頭)
    • 「オキソ架橋ルテニウム三核錯体から成る大環状クラスターへの置換基導入と混合原子価状態に与える影響」
      ○大長 継大, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(ポスター)
    • 「レドックス活性な多核金属錯体を用いた積層型シートの合成と構造」
      ○中家 卓也, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 杉本 邦久, 阿部 正明(ポスター)
    • 「発光性ピリジンチオラト銅(I)および銀(I)多核錯体-高分子ポリマー複合材料の開発と物性評価」
      ○山下 悠雅, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 阿部 正明(ポスター)
    • 「発光性キュバン型銀(I)四核錯体結晶のすり潰しによる溶媒分子の取り込み」
      ○阪上 琢也, 西山 愛美, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 阿部 正明(ポスター)
    • 「Introduction of new type of ligands with long alkyl chains to the Supramolecular structure built from ruthenium trinuclear complexes」
      ○中川 貴博, 田原 圭志朗, 小澤 芳樹, 阿部 正明(ポスター)
    • 「ジアリールアミノチアゾール配位子を有する新規Ru(II)錯体の合成、構造、発光および酸化還元挙動」
      ○中村 瞭汰, 阿部 正明, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 山口 きらら, 村井 利昭 (ポスター)
    • 「金(I)を含むイミノチオラト架橋多核金属錯体の構造と発光挙動の圧力応答性」
      ○山口 憂真, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 阿部 正明(ポスター)
  • ◆2017年電気化学会秋季大会 2017年9月10日(日)〜11日(月) 長崎大学 文教地区キャンパス(長崎市)
    • 「ヨウ素修飾Au(111)電極上でのルテニウム複核クラスターの電気化学挙動と吸着制御」
      (熊本大学,九州大学, 兵庫県立大)◯木下 翔, 福田 龍之介, 稲富 敦, 阿部 正明, 久枝 良雄, 吉本 惣一郎(口頭)
    • 「新規なポルフィセンリン錯体の合成とその酸化還元挙動」
      (九州大学, 兵庫県立大学)◯藤岡 太郎, 向高 寛人, 阿部 正明, 小出 太郎, 小野 利和, 嶌越 恒, 久枝 良雄(口頭)
  • ◆第29回配位化合物の光化学討論会 2017年8月5(土)〜7日(月) 宮崎大学・木花キャンパス・330記念交流会館(宮崎市)
    • 「ピリジンチオラト架橋金(I)銀(I)多核金属錯体の構造と発光挙動の圧力応答性」
      ○山口 憂真, 小澤 芳樹, 田原 圭志朗, 赤浜 裕一, 阿部 正明(口頭) *学生講演賞受賞
    • 「N‒ヘテロ四員環をもつイミノチオラト架橋白金(II)二核錯体の合成,構造,発光挙動」
      ○小澤 芳樹, 松岡 秀典, 鳥海 幸四郎, 田原 圭志朗, 阿部 正明(口頭)
  • ◆The 6th Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC6), July 23‒28, 2017, The Melbourne Convention Centre, Victoria, Australia.
    • "Formation, Guest Binding, and Electron Transfer of Cluster-Based Molecular Cages"
      Masaaki Abe
  • ◆The International Symposium on Pure & Applied Chemistry (ISPAC) 2017, June 08-10, 2017, Hôtel Continental Saigon, Ho Chi Minh City, Vietnam
    • "Cofacial Diplatinum(II) Complexes Showing Solid-State Thermochromic Phosphorescene"
      Masaaki Abe (invited talk)
  • ◆Invited Lecture at Nanning University, China (May 19, 2017) and Fujian Institute of Research on the Structure of Matter, Chinese Academy of Sciences, China (May 22, 2017)
    • "A Bottom-Up Coordination Approach to Electronically-Active Supramolecular Metallocluster Assemblies"
      Masaaki Abe (invited talk)
  • ◆3rd Computational Chemistry (CC) Symposium of ICCMSE 2017, April 21-25, 2017, The Met Hotel, Thessalonki, Greece
    • "Fabrication of Covalent- and Hydrogen-Bonded Assemblies of Biferrocenium Diboronic Acid and Their Charge Transfer Properties"
      Keishiro Tahara (invited talk)
  • ◆日本化学会第97春季年会 2017年3月16(木)〜19日(日) 慶應義塾大学日吉キャンパス(横浜市)
    • 「三配位ホウ素置換基を導入したトリアリールアミン二量体の合成と物性」
      ○田原 圭志朗、小山 悠也、小澤 芳樹、阿部 正明、菊池 純一(口頭)
    • 「金(I)及び銀(I)を含むイミノチオラト架橋混合多核金属錯体の合成,構造と発光挙動」
      ○山口 憂真、小澤 芳樹、阿部 正明(口頭)
    • 「オキソ‒プロピオン酸架橋ルテニウム三核環状四量体への修飾基導入と電気化学的性質」
      ○大長 継大、小澤 芳樹、清水 遥加、小野 利和、久枝 良雄、阿部 正明(口頭)
    • 「ベンズイミダゾールチオラト架橋銅(I)四核および六核錯体の合成、構造、発光挙動」
      ○清岡 英紀、小澤 芳樹、阿部 正明(口頭)
    • 「レドックス活性な多核金属錯体を用いた二次元シート錯体格子の作製」
      ○中家 卓也、小澤 芳樹、杉本 邦久、阿部 正明(口頭)
    • 「新規メソ位修飾リン(V)ポルフィリン錯体の合成と構造および発光特性」
      ○梅垣 慧、石上 陽菜、小澤 芳樹、杉本 邦久、阿部 正明(口頭)
    • 「ルテニウム三核錯体とポルフィリンから成る箱型クラスターの光、電子物性評価」
      ○中川 貴博、小澤 芳樹、友田 満、小野 利和、久枝 良雄、阿部 正明(ポスター)
    • 「ジアリールアミノチアゾール誘導体が配位した新規ルテニウム錯体の合成と光、レドックス特性」
      ○中村 瞭汰、阿部 正明、小澤 芳樹、山口 きらら、村井 利昭(ポスター)
  • ◆兵庫県立大学フロンティア機能物質創製センター第3回シンポジウム 2017年1月21(土) 兵庫県立大学理学部
    • 「フェロセン複核錯体の組織化と電荷分布の制御」
      ○田原 圭志朗(依頼講演)

2016年

  • ◆日本結晶学会2016年会 2016年11月17(木)〜18日(金) 茨城県立文化センター
    • 「配位子にP(p-tol)3を持つキュバン型多核金属錯体の構造と発光の圧力依存性」
      ○永橋 歩美, 小澤 芳樹, 西山 愛美, 清岡 英紀, 赤浜 裕一, 阿部 正明(口頭/ポスター)
  • ◆錯体化学会第66回討論会 2016年9月10(土)〜12日(月) 福岡大学
    • 「N-ヘテロ四員環二座配位子を用いたハーフランタン型白金(II)二核錯体の構造と発光挙動」
      ○松岡 秀典, 小澤 芳樹, 鳥海 幸四郎, 小野 利和, 久枝 良雄, 阿部 正明(口頭)
    • 「発光性ピリジンチオラト銅(I)六核錯体の結晶構造と発光挙動の圧力依存性」
      ○清岡 英紀, 久保 雅裕, 小澤 芳樹, 赤浜 裕一, 鳥海 幸四郎, 阿部 正明(口頭)
    • 「5-アミノチアゾールを配位子とするキュバン型銅(I)四核錯体の合成、構造と発光特性」
      ○長岡 栞, 小澤 芳樹, 阿部 正明, 山口 きらら, 村井 利昭(口頭)
    • "Dynamics of nuclearity conversion reactions of photo-emissive tetra- and hexa-nuclear pyridinethiolato- and quinolinethiolato-Cu(I) complexes in solution"
      Mori, Kaori, ○Ozawa, Yoshiki, Kubo, Masahiro, Toriumi, Koshiro, Yagasaki, Atsushi, Abe, Masaaki(口頭)
    • 「レドックス活性な錯体分子の作製に向けた新規ピラジン配位三核錯体の合成と性質」
      ○中家 卓也, 小澤 芳樹, 阿部 正明(ポスター)
  • ◆第28回配位化合物の光化学討論会 2016年8月8(月)〜10日(水) 京都工芸繊維大学
    • 「Dual-emissionを示すキュバン型ヨウ化銅(I)四核錯体の結晶状態での発光寿命とエネルギー移動」
      ○長岡 栞, 山﨑 祥太, 小澤 芳樹, 鳥海 幸四郎, 阿部 正明,(口頭)
    • 「キュバン型ヨウ化銅(I)および銀(I)四核錯体の結晶構造と発光の圧力依存性」
      ○小澤 芳樹, 西山 愛美, 永橋 歩美, 鳥海 幸四郎, 赤浜 裕一, 阿部 正明(口頭)
  • ◆錯体化学若手研究会 錯体化学若手の会夏の学校2016 2016年8月5(金)〜7日(日) 火の国ハイツ, 熊本市
    • 「錯体から超分子クラスターへ: 錯体が創る形・配列・機能」 ○阿部正明(招待講演)
    • 「N-ヘテロ四員環二座配位子を用いた白金二核錯体の合成 」 ○松岡 秀典、小澤 芳樹、小野 利和、阿部 正明(ポスター)
    • 「レドックス活性な多核金属錯体を用いた二次元シート錯体格子の作製 」 ○中家 卓也、小澤 芳樹、 阿部 正明(ポスター)*ポスター賞受賞
    • 「多孔性亜鉛ポルフィリン錯体の合成、構造、光物性 」 ○梅垣 慧、満身 稔、小澤 芳樹、阿部 正明(ポスター)
  • ◆第9回中国四国地区錯体化学研究会・錯体化学若手の会 中国四国支部 第1回勉強会 平成28年5月14日(土) 関西学院大学三田キャンパス
    • 「錯体から超分子クラスターへ:錯体が創る形・配列・機能」 ○阿部正明(招待講演)
  • ◆XXVIth IUPAC Symposium on Photochemistry, 2016 IUPAC Photochem, KJFP-2016   April 3–8, 2016, Osaka, Japan
    • “Covalently-Attached Porphycene–Ferrocene Dyads: Synthesis, Redox-Switched Emission, and Charge-Separated Exited State” ○Masaaki Abe (Invited talk)
  • ◆日本化学会第96春季年会 2016年3月24(木)〜27日(日) 同志社大学京田辺キャンパス
    • 「N-ヘテロ四員環チオレートで架橋した新奇ハーフランタン型白金二核錯体の構造と発光挙動」○松岡秀典、小澤芳樹、鳥海幸四郎、阿部正明(口頭)
  • ◆日本化学会第96春季年会 イブニングセッション 第2次先端ウォッチング調査 2016年3月24(木)〜27日(日) 同志社大学京田辺キャンパス
    • 「アシンメトリック配位化学による巨大クラスター構造と機能の創出」 ○阿部正明(依頼講演)
  • ◆兵庫県立大学大学院物質理学研究科フロンティア機能物質創製センター第2回シンポジウム 2016年3月5日, 兵庫県立先端科学技術支援センター
    • 「ボトムアップ錯体合成とπ電子機能」○阿部正明(依頼講演)

2015年

  • ◆XXV. International Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry (ICCBIC) 2015年5月31日(日)〜 6月5日(金), Smolenice Castle, Bratislava, Slovak Republic
    • "Synthesis and guest binding studies on coordination giant capsules containing cofacial bis(porohyrin) motifs", ○Masaaki Abe, Mitsuru Tomoda, Naoki Taniguchi, Atsushi Inatomi, Yoshio Hisaeda(招待講演)
  • ◆The 11th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2015 (KJFP-2015) 2015年6月26日(金)〜 28日(日), Jeju, Korea,
    • "Metalloporphycene as a New Molecular Building Block for Electrochromic Coordination Polymers",○Masaaki Abe, Hiroki Futagawa, Yoshio Hisaeda(招待講演)
  • ◆岐阜大学大学院工学研究科セミナー 2015年7月23日(火)
    • 「π共役系遷移金属多核錯体の電子ポテンシャル場設計と反応制御」○阿部正明
  • ◆九州錯体化学懇談会第248回例会 2015年7月25日(土)、九州大学理学部
    • 「π共役系遷移金属錯体の集積化に基づく巨大クラスターの構築と電子特性」○阿部正明(招待講演)
  • ◆Workshop: CROSS roads of Users and J-PARC 第15回「物質の構造機能」 2015年9月7日(月)〜8日(火)、いばらき量子ビーム研究センター
    • 「水素結合型ロジウム−セミキノン錯体のプロトンダイナミクスと誘電応答」○満身 稔(口頭)
  • ◆錯体化学会第65回討論会 2015年9月21日(月)〜 9月23日(水)、奈良女子大学
    • 「ベンズイミダゾールチオラト銅(I)四核錯体の合成、構造、発光挙動」
      ○菅田優美、小澤芳樹、鳥海幸四郎、阿部正明(口頭)
    • 「キュバン型ヨウ化銀(I)錯体の多形結晶の構造および発光の圧力依存性」
      ○西山愛美、小澤芳樹、久保雅裕、鳥海幸四郎、赤浜裕一、阿部正明(口頭)
    • 「キュバン型ハロゲン化銅(I)四核錯体結晶における二重発光の挙動の温度依存性
      ○長岡 栞、小澤芳樹、山﨑祥太、鳥海幸四郎、阿部正明(口頭)
    • 「ピリジンチオラト銀(I)銅(I)混合金属六核錯体の結晶構造および発光特性」
      ○馬場一豪、小澤芳樹、鳥海幸四郎、阿部正明(ポスター)
    • 「イミノチオラト銅(I)および銀(I)多核錯体結晶の発光寿命の温度依存性」
      ○小澤芳樹、上島道子、鳥海幸四郎(ポスター)
    • 「Crystal Structure and Photophysical Properties of Porous Zinc Porphyrin Complex」
      Yoshiyuki Horiuchi, Yuga Yamashita, ○Minoru Mitsumi,  Masaaki Abe , Nobuhiro Yasuda, Kunihisa Sugimoto, Kei Ohkubo, Shunichi Fukuzumi(口頭)
    • 「金属錯体の溶液からのエピタキシャル成長による薄膜単結晶の作製」
      ○鳥海幸四郎、國森彩乃、西本はるか、堀本泰洋、小澤芳樹(ポスター)
    • 「ポルフィリン構造異性体を集積化した電解重合薄膜の創製及びそのエレクトロクロミック特性」
      ○二川裕紀、阿部正明、小野利和、嶌越恒、久枝良雄(口頭)
    • 「多核錯体を集積化した環状構造体への修飾基導入法の開拓」
      ○清水遥加、阿部正明、小野利和、嶌越恒、久枝良雄(ポスター)
    • 「自己組織化を利用した多核金属錯体のメゾスコピック超分子構造体形成とその特性」
      ○藤岡太郎、阿部正明、小野利和、嶌越恒、久枝良雄(ポスター)
  • ◆SPring-8 単結晶・粉末構造解析BL(BL02B1・BL02B2・BL40XU)研修 2015年10月1日(木)〜2日(金)、SPring-8
    • 「金属錯体の次元制御集積化と放射光X線結晶構造解析」○満身 稔(口頭)
  • ◆日本結晶学会2015年会 2015年10月17日(土)〜10月18日(日)大阪府立大学
    • 「発光性キュバン型錯体[Cu4I4(PPh3)4]の高圧単結晶構造解析」
      ○永橋歩美、西山愛美、小澤芳樹、鳥海幸四郎、阿部正明、赤浜裕一(口頭/ポスター)
    • 「キュバン型ヨウ化銀(I)錯体の多形結晶の構造および発光の圧力依存性」
      ○西山愛美、小澤芳樹、永橋歩美、鳥海幸四郎、赤浜裕一、阿部正明(口頭/ポスター) *ポスター賞受賞
    • 「水素結合型ロジウムーセミキノン錯体の構造相転移とプロトンダイナミクス」
      ○満身 稔、江﨑一成、阿部正明、宮東達也、水野元博、東 信晃、宮崎裕司、中野元裕(ポスター)
  • ◆環太平洋化学国際会議(Pacifichem 2015) 2015年12月15日(火)〜20日(日), Honolulu, Hawaii, USA.
    • "Synthesis, structures, and guest binding ability of multimetallic giant capsules",
       ○Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda(招待講演)
    • "Temperature and Pressure dependences of flexible cubane-like framework in crystalline state: structure and luminescent properties of [Ag4I4{P(p-tol)3}4]",
       ○Manami Nishiyama, Yoshiki Ozawa, Yuichi Akahama, Koshiro Toriumi, Masaaki Abe(ポスター)
    • "Photoexcited state energy transfer of dual-emission in cubane-like tetranuclear copper (I) halide complexes", 
      ○Shiori Nagaoka, Shota Yamasaki, Yoshiki Ozawa, Koshiro Toriumi,  Masaaki Abe(ポスター)
    • "Dynamics of nuclearity conversion reactions of photo-emissive multinuclear pyridinethiolato Cu(I) complexes in solution", 
      ○Yoshiki Ozawa, Masahiro Kubo, Atsushi Yagasaki, Koshiro Toriumi(口頭)

PAGE TOP