Earth-Science Laboratory, University of Hyogo 本文へジャンプ
 

 地球科学講座へようこそ
兵庫県立大学理学部生命科学科
兵庫県立大学大学院理学研究科生命科学専攻

2022年10月:書写キャンパス4号館にて、研究室メンバーで記念撮影
 

News

学生が持ち寄った動画で作成された研究室PV(2020年, 編集:前川涼輔(地球科学講座))
 

■ 2022年9月~11月
地学実験で、地質巡見(仁寿山)を行いました。地学実験では長い間、野外での露頭観察を行っておりませんでしたが、今後はすべての受講生が参加できるように致します。



■ 2022年9月
当研究室 萩谷講師が共著の論文が、サイエンス誌に掲載されました!
Nakamura, T. et al. (2022). Formation and evolution of carbonaceous asteroid Ryugu: Direct evidence from returned samples. Science, eabn8671.
研究成果はテレビ各社や読売・朝日・毎日新聞などでも大きく報じられています。
(例えば下記)。
小惑星リュウグウの試料に46億年前の「太古の水」
…液体の状態で存在、「海の起源」解明へ一歩
https://www.yomiuri.co.jp/science/20220922-OYT1T50340/

■ 2022年9月
能登半島で起きている群発地震の要因を解明するために、能登半島沖の海底で電磁気観測を開始しました。プレス発表資料は下記。NHK、石川テレビ、テレビ金沢、MRO北陸放送などのニュースで放送されました。また共同通信、産経新聞、東京新聞、北陸中日新聞、北國新聞などの新聞に掲載されました。
   ↓
地震発生と地殻深部の流体の関係を解き明かすために、能登半島沖で海底観測を開始
https://www.u-hyogo.ac.jp/outline/media/press/2022/monthly/pdf/20220913_02.pdf
https://www.sci.u-hyogo.ac.jp/news/puresuririsu_gotoR040913.pdf
  
  
 写真(下1枚目):調査海域近くの名所「見附島」
 写真(下2,3枚目):海底機器(OBEM)の投入の様子
  
  

 
■ 2022年8月
  
  徳島で地下探査(電気探査)を行いました。ものすごく暑い日でした。
 
■ 2022年6月
 
   学生室にて。差し入れをいただきました!
 
■ 2022年5月
  
   北海道の地熱地域でAMT探査を行いました。
   温泉水や地熱エネルギーの活用のための基礎研究です。

■ 2022年4月
博士後期課程の山下凪くんが、「令和4年度 ひょうご創生フェローシップ学生」に採用されました。博士後期課程へ在学中の3年間、研究専念支援金として月額15万円(3年間)、研究費として年額50万円以内(3年間)が大学から支給されます。あわせて大学・研究機関、民間企業等への就職を支援もなされます。
 ※令和4年度ひょうご創生フェローシップ支援対象学生の決定について
  https://www.u-hyogo.ac.jp/topics/oshirase/20220425fellow/index.html
 ※「科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業」
  令和4年度 ひょうご創生フェローシップ募集
  https://www.u-hyogo.ac.jp/topics/oshirase/20220228/index.html
 ※同フェローシップ事業は文部科学省による支援です。
  公立大学では、当大学をふくめて4大学のみが採択されています。
  https://www.mext.go.jp/content/20210224-mxt_kiban03-000013022_1.pdf
 
Contents
■ 主な研究テーマ
  当研究室で実施中の研究テーマや研究対象について紹介しています。
   Click
  ※企業向けページはこちら。 >> Click
■ 地球科学講座の特徴を紹介しています。
  研究・教育についても紹介しています。Click
■ 研究室ゼミでの発表テーマなどについて紹介しています。
   Click
■ 研究室のメンバー(教員・学生・卒業生)
  卒論・修論のテーマ一覧も掲載しています。 Click
  
■ 過去のニュースや研究室の写真など
   Click
■ 研究室の所在地、お問い合わせ
  こちらを御覧ください。 Click

※旧地球テクトニクス講座のホームページはこちら
※旧地球科学講座のホームページはこちら
 
 Earth-Science Laboratory, Graduate School of Science, University of Hyogo