楳田登美男


専門分野: スペクトル理論、散乱理論
現在の研究: ディラック作用素、シュレディンガー作用素、及び相対論的シュレディンガー作用素のスペクトル解析


ケンブリッジ大学ニュートン研究所で講演しました(2012年8月1日)
講演の様子がビデオで見られます: ここをクリック


英文雑誌 "Analysis and Mathematical Physics"(シュプリンガー社刊行)の編集委員をしています
"Analysis and Mathematical Physics" の詳細はこちらをご覧下さい: ここをクリック


著書
 「入門複素関数論」 学術図書
 「微分方程式概説」(共著) サイエンス社
「数理物理における固有値問題」 サイエンス社


研究室: 姫路工学キャンパス 4405室
電 話: 079−267−4935
ファックス: 079−267−4920(4号館事務室)
メールアドレス: umeda "at" sci.u-hyogo.ac.jp



科学研究費の助成を受けた研究成果

(基盤研究(C) 平成26年度〜平成28年度)

  • Low energy spectral and scattering theory for relativistic Schroedinger operators. Hokkaido Math. J. 45 (2016), 141 - 179. (With Serge Richard)
    ProjectEuclid のページへ

  • Schroedinger operators with n positive eigenvalues: an explicit construction involving complex valued potentials. Proc. Japan Acad. 92, Ser.A (2016), 7 - 12. (With Serge Richard and Jun Uchiyama)
    ProjectEuclid のページへ

  • Schnol's theorem and spectral properties of massless Dirac operators with scalar potentials. Lett. Math. Phys. 105 (2015), 1479 - 1497. (With Karl Michael Schmidt)

  • Spectral properties of massless Dirac operators with real-valued potentials, RIMS Kokyuroku Bessatsu B45 (2014), 197 - 209. (With Karl Michael Schmidt)

  • (基盤研究(C) 平成21年度〜平成24年度)

  • A sequence of zero modes of Weyl-Dirac operators and an associated sequence of solvable polynomials, Operator Theory: Advances and Applications 219 (2012), 197 - 209. (With Yoshimi Saito)
    Front for the arXiv のページへ

  • The Dirac-Hardy and Dirac-Sobolev inequalities in L^1, Publ. RIMS, Kyoto University, 47 (2011), 791 - 801. (With Alexander A. Balinsky and W. Desmond Evans)
    Front for the arXiv のページへ

  • Eigenfunctions at the threshold energies of magnetic Dirac operators, Reviews in Mathematical Physics, 23 (2011), 155 - 178. (With Yoshimi Saito)
    Front for the arXiv のページへ

  • Threshold eigenfunctions and threshold resonances of some relativistic operators, Nanosystem: Physics, Chemistry, Mathematics 2(4) (2011), 1 - 8. (With Yoshimi Saito)


  • 更新日:2017年4月7日