兵庫県立大学・大学院・生命理学研究科
兵庫県立大学・理学部・生命科学科
生体物質化学T講座
(English Page)

阪口雅郎 (教授)

衣斐義一 (準教授) →自己紹介・講義関連へのリンク

木田祐一郎 (助教)

メンバー  


研究業績
学会発表
生体物質化学Tのランダムな紹介
2016年版はこちら
2015年版はこちら
2014年版はこちら
2013年版はこちら
2012年版はこちら
2011年版はこちら
2010年版はこちら
2009年版はこちら(2008年以降)  
【最近の進展】(論文リストは研究業績らんをご覧ください)
木田の論文が採択されました(2016年1月)。トランスロコンによる疎水性の不十分な膜貫通セグメントのハンドリングについて新知見を報告しています。
Kida, Y., Ishihara, Y., Fujita, H., Onishi, Y. and Sakaguchi, M. (2016)
Stability and flexibility of marginally hydrophobic segments stalling at the endoplasmic reticulum translocon
Mol. Biol. Cell, 27, 930-940 (DOI: 10.1091/mbc.E15-09-0672)
姜(博士課程2年)がBMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会・合同大会)で『若手優秀発表賞』を受賞しました(2016年1月18日発表)。ポスター発表から選抜された口頭発表での優秀者に授与される賞です。
姜公秀, 吉久徹, 阪口雅郎 「翻訳共役型タンパク質膜透過における翻訳後膜透過因子Sec71及びSec72の寄与」
阪上の論文が採択されました(2015年、12月)。 ETS (ER targeting suppressor) 発見の論文です。
Sakaue、H., Iwashita, S., Yamashita, Y., Kida, Y., Sakaguchi, M. (2016)
The N-terminal motif of PMP70 suppresses cotranslational targeting to the endoplasmic reticulum
J. Biochem., 159, 539-551 (DOI: 10.1093/jb/mvv132)
姜の論文が採択されました(2015年、11月)。 新しいFolding-probeでタンパク質の合成と膜透過の共役を細胞内で調べることができます。
Kang, K., Takahara, M., Sakaue, H., Sakaguchi, M. (2016)
Capsid protease domain as a tool for assessing protein-domain folding during organelle import of nascent polypeptides in living cells
J. Biochem., 159, 497-508 (DOI: 10.1093/jb/mvv129)
山岸・大西らの論文が採択されました
Yamagishi, M., Onishi, Y., Yoshimura, S., Fujita, H., Imai, K., Kida, Y., and Sakaguchi, M. (2014)
A few positively charged residues slow movement of a polypeptide chain across the endoplasmic reticulum membrane
Biochemistry, 53, 5375-5383 (DOI: 10.1021/bi500649y.)
衣斐らの論文が採択されました
Emi, Y., Harada, Y., and Sakaguchi, M. (2013)
Involvement of a di-leucine motif in targeting of ABCC1 to the basolateral plasma membrane of polarized epithelial cells
Biochem. Biophys. Res. Commun., 441, 89-95 (DOI: 10.1016/j.bbrc.2013.10.013.)
第86回日本生化学会大会(横浜、9月11-13日)で、大西由希子(修士2年)が、『鈴木紘一メモリアル賞』を受賞しました。(2013年9月13日)この賞は、口頭発表に選抜された発表の中から、研究成果とプレゼンテーションが特に優れた若手研究者や大学院生に授与されるものです。
矢吹・木田の論文が採択されました
Yabuki, T., Kida, Y., Morimoto, F., and Sakaguchi, M. (2013)
Membrane translocation of lumenal domains of membrane proteins powered by downstream transmembrane sequences
Mol. Biol. Cell, 24, 3123-3132 (DOI: 10.1091/mbc.E13-04-0210.)
大西由希子(修士2年)がタンパク質科学会第13回年会で『ポスター賞』 を受賞しました(2013年6月13日)
発表タイトルは 「タンパク質膜透過におけるトランスロコン内での疎水性セグメントの準安定な保持について」
大西・山岸らの論文が採択されました
Onishi, Y., Yamagishi, M., Imai, K., Fujita, H., Kida, Y., and Sakaguchi, M. (2013)
Stop-and-move of a marginally hydrophobic segment translocating across the endoplasmic reticulum membrane
J. Mol. Biol., 425, 3205-3216 (DOI: 10.1016/j.jmb.2013.05.023.)
山本らの論文が掲載されました
Yamamoto, H., Kida, Y., and Sakaguchi, M. (2013)
Phosphatidylserine-binding protein lactadherin inhibits protein translocation across the ER membrane
Biochem. Biophys. Res. Commun., 434, 620-626 (DOI: 10.1016/j.bbrc.2013.03.131.)
高原らの論文が掲載されました
Takahara, M., Sakaue, H., Onishi, Y., Yamagishi, M., Kida, Y., and Sakaguchi, M. (2013)
Tail-extension following the termination codon is critical for release of the nascent chain from membrane-bound ribosomes in a reticulocyte lysate cell-free system
Biochem. Biophys. Res. Commun., 430, 567-572 (DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.11.112)
山本らの論文が掲載されました
Yamamoto, H., Fujita, H., Kida, Y. and Sakaguchi, M. (2012)
Pleiotropic effects of membrane cholesterol upon translocation of protein across the endoplasmic reticulum membrane
Biochemistry, 51, 3596-3605 (DOI: 10.1021/bi2018915)
衣斐らの論文が掲載されました
Emi, Y., Yasuda, Y., and Sakaguchi, M. (2012)
A cis-acting five-amino acid motif controls targeting of ABCC2 to the apical plasma membrane domain
J. Cell Sci., 125, 3133-3143. (DOI: 10.1242/jcs.099549.)
藤田らの論文が掲載されました
Fujita, H., Yamagishi, M., Kida, Y. and Sakaguchi, M. (2011)
Positive charges on the translocating polypeptide chain arrest movement through the translocon
J. Cell Sci., 124, 4184-4193. (DOI: 10.1242/jcs.086850)

生化学演習(3年生向け講義)・・・・・SRP作用の図等(PDF, 372k)

総説
阪口雅郎 (2010) 小胞体トランスロコンを介した膜タンパク質の膜組み込みと構造形成, (日本膜学会会誌), 35, 63-71.PDF 975k)
【講座の記録2008年4月以前】


【取り組んでいること】
膜タンパク質のオルガネラ局在・トポロジー形成機構の解明
細胞内オルガネラ局在化シグナル・フォールディング過程・トポロジー規定配列・シグナル識別因子・構造形成装置・トポロジー形成の駆動力を分子論的に明らかにする。各オルガネラ膜の代表的な膜タンパク質について、これらを説明可能にする。独自のスタンスで真理の解明を目指す。

初学者向け研究室紹介

ラボの風景


【研究室のアドレス】
〒678-1297 赤穂郡上郡町光都3−2−1、兵庫県立大学大学院生命理学研究科

兵庫県立大学ホームへ