Pico Times リーディングプログラム広報
平成30年1月発行平成30年1月発行
(PDF:28.9MB)
最新PDFダウンロード
バックナンバーを見る
兵庫県立大学リーディングプログラムパンフレット
兵庫県立大学リーディングプログラムパンフレット
(PDF:3.69MB)
最新PDFダウンロード

プログラム概要

文部科学省の博士課程教育リーディングプログラム(オンリーワン型)に、兵庫県立大学大学院生命理学研究科が計画した「フォトンサイエンスが拓く次世代ピコバイオロジー」が採択され、平成23年12月より同プログラムを開始しました。このプログラムは、タンパク質の構造・機能を解明することにより生命現象の本質を究める「次世代ピコバイオロジー」研究を通じて、高度の専門能力を身に着け、それを基盤として社会の広い分野で活躍するリーダーを養成することを目指した、大学院の改革を進める教育プログラムです。

本プログラムは、国内外の意欲に満ちた優秀な学生を対象に以下のような能力を養うことにより、主に生命科学関連分野での活躍を目指す次世代のリーダーを輩出することを目的としています。

課題を発見し、独創的に挑戦する能力

当研究科が理化学研究所放射光科学総合研究センター(RSC)との緊密な連携のもとに推進する新学術分野「次世代ピコバイオロジー」の構築に博士課程学生が主体的に参加し、世界的研究成果をあげることを通じて高い研究能力を修得するとともに、自ら課題を発見し、独創的に課題に挑戦する能力を養います。

優れた洞察力とマネジメント能力

「次世代ピコバイオロジー」研究を通して、世界最先端の多彩な構造解析装置(時間分解赤外・ラマン振動分光装置、SPring-8、中性子回折装置、X線自由電子レーザー(SACLA)、電子顕微鏡、スーパーコンピュータ“京”)を利用することにより、他の技術や研究分野の本質をも的確に捉えられる能力の獲得を促します。また、非専門基礎科目として開講される「リーダー論」では、実社会において組織のトップとして活躍する人材を講師として招き、活発に討論することで、「社会的センス」を磨きます。このような能力は、多様な技術や研究分野が続々と誕生し発展している生命科学の分野において、時代の動向に先んじた事業計画の立案に不可欠なものであると同時に、リーダーにとって自らのグループの構成員の能力を的確に評価活用し、グループ全体の機能を向上させる上で大いに役立つと考えられます。

高度な俯瞰力と確固たる価値観

本プログラムには、細胞生物学(個体レベルの現象解析からそれを駆動するタンパク質の同定まで)から構造生物学(タンパク質の構造解析、振動分光解析)まで、幅広い分野の世界を先導する研究グループが参加しています。これらの研究グループと多様な視点から討論を行うとともに、非専門基礎科目として開講される「科学哲学」や「生命倫理学」を受講することで、自らの研究の生物学的意義を常に広い視野から深く考えることの重要性を認識するとともに、高度な俯瞰力と確固たる価値観の形成を図ります。さらに、正副複数研究室所属制度や個別指導など、組織的なバックアップ体制が整えられています。

高いコミュニケーション力と豊かな国際感覚

自らの考えを明確に伝えるとともに、他人の考えを深く理解し、活かすことができる能力(コミュニケーション力)はリーダーにとって不可欠です。本プログラムにおける研究活動では、国内外の他の研究グループとの交流を積極的かつ自主的に行うことで、高いコミュニケーション能力を身につけます。また、非専門基礎科目として開講される「サイエンスコミュニケーション」を受講することで、実社会で要求されるレベルへのブラッシュアップを図ります。さらに、ほとんどの講義科目が英語で開講されることに加え、短期留学や学生主催の国際シンポジウムでの組織委員としての活動、国際学会での研究発表などを通じて、豊かな国際性を養います。

今後活躍が期待できる分野

本プログラム修了者には、大学や研究機関のみならず、企業、官公庁、健康・医療分野、環境分野、教育機関、報道・出版界など幅広い社会の諸分野での活躍が期待されています。特に、国家プロジェクトとして建設された巨大なフォトンサイエンス設備の装置開発や運用に直接関与した経験は、官(あるいは産)の大型科学技術プロジェクトの政策企画分野での活躍に大きなプラス要素となることが予測されます。また、非専門基礎科目として開講される「科学政策論」や産業界からの講師による「キャリアパス特別講義」、さらにインターンシップなどの経験を活かし、生命科学と直接関連のない分野においても、リーダーとして活躍することが期待されています。本プログラムに賛同するサポーター企業をはじめ、学生と様々な企業が直接交流する機会を多く設けることで、アカデミック分野以外の世界を知り、より多くの選択肢から将来のリーダーとなるチャンスを導きます。

学生支援プログラム

学業・研究に専念するために、学生の受給申請に基づき、研究奨励金(月額20万円)を支給する制度を用意しています。また本学には、ワンルームマンションタイプ(個室/バス・トイレ付:下記写真参照)をはじめとする学生寮があります。詳細は学生寮ページを参照して下さい。

*奨励金の支給額及び支給期間は、財政状況により変更する可能性があります。奨励金受給に伴い発生する所得税及び住民税は、各自で納付して頂きます。また、国民健康保険料、国民年金保険料についても支払が必要になる場合があります。奨励金の受給資格や詳細については、別途お問合せ下さい。

・平成29年度 奨励金受給学生氏名一覧(PDF)
・平成28年度 奨励金受給学生氏名一覧(PDF)
・平成27年度 奨励金受給学生氏名一覧(PDF)
・平成26年度 奨励金受給学生氏名一覧(PDF)
・平成25年度 奨励金受給学生氏名一覧(PDF)

写真写真