兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

教育・カリキュラム

教育・カリキュラム

教育・カリキュラム Education・Curriculum

教育・カリキュラム

理学部 生命科学科
履修モデル・コース

生命科学科 生体物性コース 
履修のガイドライン

生命活動における生体分子の働きの理解には、関与する生体物質が細胞中でどのような働きをするかの解析や、生物化学的な手法によって純粋に単離し、回折法や分光学などの物理化学的な手法によってその構造と機能を明らかにすることが必要です。研究対象は生命科学の他のコースで取り扱われるものと同じですが、用いる手法は物質科学における物理化学や構造化学で研究される内容と深く関係を持っており、学際的色彩が非常に濃いコースです。そのための準備として、数学、物理の基礎科目、物理化学を中心とした化学の諸分野、生物物理学、生化学、遺伝学などを系統的に履修します。この他、地球科学分野に関心の高い学生は、推奨科目中の△印をつけた科目を系統的に学修することを推奨します。

生体物性コース

標準科目 推奨科目
1年 前期 微分積分学Ⅰ
線形代数学Ⅰ
数学演習Ⅰ
基礎物理学Ⅰ
無機化学Ⅰ
細胞生物学1
△地球惑星科学
後期 微分積分学Ⅱ
線形代数学Ⅱ
数学演習Ⅱ
基礎物理学Ⅱ
有機化学Ⅰ
生物化学1
2年 前期 電磁気学A
物理化学Ⅰ
分析化学Ⅰ
有機化学Ⅱ
生物化学2
分子生物学1
分子生物学2
応用解析
波動論
無機化学Ⅱ
細胞生物学2
細胞生物学3
情報科学Ⅰ
後期 量子力学Ⅰ
物理化学Ⅱ
生物物理学1
生物化学3
生物化学4
分子生物学3
微生物学
発生生物学1
地球物質科学
情報科学
3年 前期 量子化学Ⅰ
生物物理化学2
生物物理化学3
構造生物学1
生物化学5
有機構造化学
生物化学6
分子生物学4
神経生物学1
コンピューターリテラシー
後期 生命化学演習2
構造生物学2
分析化学Ⅱ
生命化学演習1
分子生物学5
計算機プログラミング
4年 前期  
後期    

注(1)基礎物理学Ⅰa、Ⅰb、基礎物理学Ⅱa、Ⅱbは講義要目を参考にして、a/bのうちどちらかを選択すること。

注(2)地球科学分野に関心のある学生は△印科目の履修が望ましい。

▲ページの先頭にもどる