兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

生命科学科・生命理学研究科

タンパク質振動分光学分野(講座)
小倉 尚志

原子間距離の変化を1ピコメートル(0.01Å)の精度で検出することが可能な振動分光法(ラマン散乱および赤外吸収)をタンパク質に適用し、官能基の反応性の違いや構造ダイナミクスを明らかにして反応のしくみを明らかにします。呼吸酵素の研究に力を入れています。世界最大規模のラマン分光設備と独自に開発した世界最高性能の赤外分光装置が自慢です。毎月、外国も含め複数の共同研究者が装置を使用するため訪れます。

研究室ホームページはこちら

研究一覧