兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

生命科学科・生命理学研究科

生体高分子超精密計測学分野(講座)
大岩 和弘

生体高分子超精密計測学

筋肉の収縮、細胞内の物質輸送、微生物の遊泳等、生き物の示す運動は、タンパク質モータと呼ばれるATP分解酵素の働きによって生じます。ミオシン、ダイニン、キネシンなどのタンパク質モータを単一分子レベルで直接観察して、その力や運動を高精度計測する技術(超高感度・高精度顕微光学計測技術)を開発、運動発生の機構解明を目指しています。また、タンパク質モータの機能する場としての鞭毛や繊毛の構造や動態を電子顕微鏡観察技術やX線回折解析技術を用いて詳細に解析しています。

研究室ホームページはこちら

研究一覧