兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

生命科学科・生命理学研究科

分子機械学分野(講座)
吉久 徹・園部 誠司・横田 悦雄

分子機械学 

生物の基本単位である細胞は、その構成成分のダイナミックな動きを通じて様々な機能を果たします。見た目には動かない細胞でも、その中では核、小胞体、ミトコンドリアなど様々な細胞小器官と、それらの間を埋めるサイトゾルとの間で活発に生体高分子がやりとりされています。さらに一部の細胞は自ら動き回りますが、それには当然、タンパク質等の分子の動きが伴います。こうした分子の動きは、熱力学の法則に縛られるに関わらず、あたかも分子自身が意志を持っているかのようにさえ思われます。分子機械学講座では、主として出芽酵母等の単細胞生物を用いて、RNAやタンパク質の細胞内での動きを可能にする分子メカニズムに迫る研究を進めています。また、タンパク質分子の動きを通じて、細胞の構造自身が変化する機構も解析しています。

研究室ホームページはこちら

研究一覧