兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

生命科学科・生命理学研究科

生体物質構造学I分野(講座)
樋口 芳樹・柴田 直樹・西川 幸志

生体物質構造学I 

X線結晶解析という手法を用いて原子レベルでタンパク質・酵素など生体高分子の「形(立体構造)」を明らかにし、その「はたらき(機能)」を理解する研究を行っています。生体高分子の構造と機能の研究を通して、タンパク質の立体構造の構築原理や分子進化などについての知見を得ることを目標としています。また、構造をもとに酵素の性質の改変、阻害剤のデザイン、および人工酵素をつくりだすための分子設計なども目指しています。主にエネルギー代謝に関与する酵素群や哺乳類の脳・神経系で機能するタンパク質群のX線構造化学および構造生物学を展開しています。X線回折実験のためには放射光施設・SPring-8をまた中性子回折実験のためには、日本原子力研究機構の施設を利用しています。

研究室ホームページはこちら

研究一覧