兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介 About Us

生命理学研究科長の挨拶

生命理学研究科長 城 宜嗣

生命理学研究科長メッセージ

「生命科学研究の新しい学問分野を創製する」
そんな気概を持った人材を育成します

「生きていること」を知る為に、我々は何を学べばよいのでしょうか?動物・植物・微生物を知ることはもちろん必要です。生命の最小単位である細胞に関する知識も必要です。さらには、細胞を形作る生体物質の形と働きも分子・原子・電子のレベルで知らねばなりません。すなわち、生命現象を研究し、新しい発見をする為には、数学・物理学・化学・生物学といった幅広い理学的知識を基盤に、広く柔軟な視野を持ち、新たな問題に挑戦する気概が必要です。このような人材を育成することこそ生命理学研究科の研究・教育に関する理念です。大型放射光施設(SPring-8)とX線自由電子レーザー施設(SACLA)に世界で最も近い研究科であることも、この理念実現には大きなアドバンテージの一つになっています。実際、これらの施設を活用した世界に誇る研究成果を数多く報告しています。この事が高く評価されて、文部科学省の研究教育拠点形成プログラムである「21世紀COE」、「グローバルCOE」「博士課程教育リーデイングプログラム」に連続採択されています。本学の学生は、このような恵まれた教育研究環境に囲まれ、世界最先端の基礎科学の知識・考察力を修得しており、産官学の様々な分野で活躍できると確信しています。本学理学部卒業生および大学院生命理学研究科修了生にぜひ活躍の機会を与えていただきますようよろしくお願い申し上げます。