兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介 About Us

生命理学研究科長の挨拶

生命理学研究科長 阪口 雅郎

生命理学研究科長メッセージ

従来理学部にあった枠組みを取り払い
境界領域で新しい学問分野を創設する

本理学部は、開学以来、数学・物理学・化学・生物学という従来理学部にあった枠組みを取り払い、特に境界領域で新しい学問分野を創設するという理念で教育研究を進めてまいりました。たとえば、生命科学の教員や学生も、隣接の大型放射光施設(SPring-8)やX線自由電子レーザー施設(SACLA)を利用して成果をあげています。大学院生命理学研究科では発足以来、教育と生命科学の研究に力を注ぎ、文部科学省の研究教育拠点形成プログラムである「21世紀COE」、「グローバルCOE」に採択され、平成23年には「博士課程教育リーデイングプログラム」に採択されました。これを機に、5年一貫制博士課程のピコバイオロジー専攻を新たに開設しました。学部・大学院で最先端の基礎科学の知識・考察力を修得した本学の学生は、産官学の様々な分野で活躍できると確信しています。本学理学部卒業生および大学院生命理学研究科修了生にぜひ活躍の機会を与えていただきますようよろしくお願い申し上げます。