兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介 About Us

学部長の挨拶

理学部長 住山 昭彦

理学部長メッセージ

豊かな自然に囲まれたキャンパスで最先端の科学に触れよう

私たちが見慣れた世界も、好奇心を持って見直すと、「なぜそうなるのだろう?」、「次はどうなるのだろう?」・・・と様々な疑問が浮かんでくると思います。理学部は、特に自然界を眺めたときに浮かぶ疑問に答えることで進歩してきた「科学」を教育・研究する学部であり、私たちの理学部も播磨科学公園都市の建設に伴って新設されました。もちろん現代の科学では、日常生活で目にすることのないような物質・生物を扱っていますし、眺める範囲も原子レベル以下の極微の世界から宇宙レベルの巨大な世界まで広範囲にわたっていますので、そこに生じる疑問に答えるには、従来の学問分野の垣根を越えた幅広い知識と最先端の研究手段が必要とされます。本理学部には物質科学科と生命科学科がありますが、これは高校の科目の分類で数学・物理・化学・生物・地学に対応する分野から、研究テーマを物質科学と生命科学という2つの視点で選び出しまとめることで、伝統的な学問の枠組みを超えて教育・研究を行うことを目指したものです。さらに兵庫県には大型放射光施設(SPring-8)、X線自由電子レーザー施設(SACLA)、スーパーコンピュータ施設(京)、西はりま天文台(なゆた望遠鏡)など世界でも最先端の研究施設があり、本理学部でも、すぐそばにあるSPring-8、SACLAを始めとして、それらの施設を利用して研究をしている教員が数多く在籍しています。皆さんも播磨の豊かな自然に囲まれたキャンパスで科学の様々な分野を学び、最先端の研究に触れてみませんか?