兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介 About Us

学部長の挨拶

理学部長 阪口 雅郎

理学部長メッセージ

ドキドキわくわくの連続!
「なぜ?」に答える旅に一緒に出発しましょう!!

理学部では知的好奇心から出発して、自然現象の成り立ちや仕組みの解明を目指し教育と研究を行っています。「なぜだろう?どうなっているの?」といった問いの繰り返しで、ものごとの仕組みの本質を極めます。私たちの兵庫県立大学理学部では、数学・物理・化学・生物などといった従来の自然科学分野の枠を超えて、これらの方法論や考え方を総動員して、物質科学と生命科学というより広い視点から真理を追究します。多様な方法論や、多様な考え方を総合的に学ぶことができ、ここでしかできない研究にあふれています。たとえば、物理を極めてきた研究者が化学反応の原理を探り、計算物理の達人がタンパク質や遺伝子の働きの解明をめざしています。また、化学が超得意なグループがいのちの不思議に挑みます。また、兵庫県には、大型放射光施設(SPring-8)、X線自由電子レーザー施設(SACLA)、スーパーコンピュータ施設(京)、西はりま天文台など、ユニークな最先端研究施設があり、これらと密接に協力しあい研究を進めています。このような格段に優れた研究環境のもとに、情熱あふれる教員が集っています。卒業研究では多様な選択肢からテーマを選択することができます。ここでの勉強や研究は簡単ではありません。しかし真剣に取り組むならば、ドキドキわくわくの連続です。さらに、研究成果は様々な応用につながり、ここでの学びや研究経験は多方面で生きてきます。さあ、「なぜ?」に答える旅に一緒に出発しましょう。