兵庫県立大学 理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介

理学部・大学院紹介 研究紹介 About Us

物質科学科
- Department of Material Science -

学科の特色

 物質の本質とメカニズムを追究し、総合的に活用する柔軟な発想を学ぶ。

01 最先端科学技術を修得し、新しい領域を開拓する科学者へ

 数学・物理学・化学・生命科学・地学・情報科学などの各分野における基礎教育を基に、量子力学・物性論・電磁気学などの最先端科学技術の教育・研究を推進しています。次代の科学技術をリードする知識と技術を広く体系的に学び、新たな技術を生み出す21世紀の科学者の育成をめざしています。

02 物質の物性と反応に関する、深い理解と洞察力を身につける

 物質のいろいろな性質、すなわち物性を様々な角度から理解し、新たな物質を造り出す基礎を学ぶことを重点に、多岐にわたる専門分野を視野に入れた科目を体系的に学べるよう、従来の学科・分野にとらわれないカリキュラムを配置し、幅広い教育を展開しています。

03 より専門性を深めたきめ細かなコース設定で、多様な選択が可能に

 学生一人ひとりの志望・適性などに応じるため、「物性基礎コース」、「物性コース」、「物質コース」の3つの履修コースを設けています。物性を様々な角度から理解し、新たな物質を造り出す基礎的知識から、より専門性の高い知識と技術を幅広く体系的に学べます。

3つの履修コース

 3年次から、志望・適性等に応じた多様な選択が可能になるよう、3つの履修コースを設けています。

01 物性基礎コース

 物質の持ついろいろな物性を電子・原子レベルで理解し、物性の探索を理論的・実験的に追究する方法を修得することをめざすコースです。原子・分子やその集合体の挙動を理解するために量子力学と統計力学の基礎は不可欠であり、これらの基礎の上に立って、数学や物理学の基礎・応用を学びます。

02 物性コース

 物質の持ついろいろな物性を電子・原子レベルで理解し、実験的に解明する手法を修得することをめざすコースです。物性基礎コースと同様、量子力学・統計力学の基礎の上に立って、現実に私たちが目にする物質の物性を解明するための理論を学びます。

03 物質コース

 物質の持ついろいろな物性を電子・原子レベルで理解し、物質をつくりだす手法を修得することをめざすコースです。内容的には化学的に物質を研究したり合成したりすることに主眼が置かれていて、量子力学・統計力学の基礎の上に立って、化学関連の基礎・応用を学びます。

カリキュラム

3つのコースに従って選択し履修できる

理学部物質科学科カリキュラム

在学生からのメッセージ

物質科学科を目指す皆さんへ

物質科学科を目指す皆さんへのインタビュー写真

 理学部物質科学科は化学、物理、数学などを扱っており、幅広い分野の講義を受けることで自分の視野を広げることができます。
 1年生は姫路工学キャンパスで一般教養、科学の基礎を学びます。2年生以上の学生は播磨理学キャンパスに通います。専門分野の勉強が始まり、研究に必要な科学英語と実験の基礎を学びます。4年生の4月には研究室に配属され、先生や大学院生の先輩方に助けられながら研究に励みます。兵庫県立大学理学部は理化学研究所の大型放射光施設SPring-8などと連携しており、国際競争に参加できるような最先端の研究に携わることができます。
 また播磨理学キャンパスには学術図書館や学生寮もあり、豊かな自然に囲まれ、落ち着いて勉強ができる環境です。全国から集まる仲間と一緒に、充実した学生生活を送りませんか。

物質科学科講座一覧

▲ページの先頭にもどる